芸能

CanCamモデルが“ブサブサ”佐野ひなこに大勝利!

20150813sano

 CanCamの専属モデルで日本とフィリピンのハーフである池田エライザが、自身のツイッターに“ミサミサ”ことデスノート・弥海砂のコスプレ姿を披露。その可愛らしさが話題になっている。

 池田が投稿したコスプレ画像には称賛の声が集まっており、すでに1万人以上のユーザーが同ツイートをお気に入りに登録。たしかに原作のミサミサを三次元化したらこんな感じになるのではという可愛らしさにあふれているのである。

 その池田は「ニコラ」の専属モデルだったことから、ティーン誌のモデルという設定のミサミサにはまさにピッタリ。しかも池田は“自撮りの神”と呼ばれる腕前の持ち主で、いかにもミサミサっぽく見える表情を演出するのもお手のものだろう。

 そんな池田のコスプレが話題になるにつれ、逆の意味でクローズアップされるのが、ドラマ「デスノート」(日本テレビ系)でミサミサを演じている佐野ひなこだ。

 佐野は放送当初から「こんなのミサミサじゃない!」と酷評され、“ブサブサ”というありがたくないニックネームをつけられる始末。佐野自身は人気グラビアモデルで決して不細工ではないのだが、豊満系の見た目がミサミサのか細いイメージには合わないことや、映画版でミサミサを演じた戸田恵梨香との対比から、原作ファンの不興を買っているのである。

 8月9日放送の第6話では、Lに監禁されるシーンが放映されたが、その姿がまたもや“ブサブサ”だと話題に。映画版では戸田のか細い腕を縛り上げていたのに対し、ドラマでは拘束衣を着せられており、その姿はまるでお化け屋敷のゾンビのよう。ますますミサミサのイメージから遠のいており、もはや制作陣の悪意すら感じられるほどだ。

 そのタイミングで現役モデルの完璧なミサミサコスプレが公開されてしまい、ネットでは「公開処刑だ」との声もあがっている。たしかに見た目の差は大きく、なんだか佐野が可哀そうになってくるくらいだ。

 そもそもドラマ版「デスノート」は、原作から大きく設定やストーリーを変えているのが特徴の一つのはず。それならミサミサも思い切って人気グラビアモデルにキャラ変してしまえば、少なくてもブサブサと呼ばれることはなかったかもしれない。今からでも遅くないので、佐野の豊満ボディを前面に出していったほうが、視聴者は喜ぶのではないだろうか。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡副麻希を圧倒!田中理恵が見せた“ボディ真っ二つ”前屈の貫禄と“色香”
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
手越祐也「芸能活動休止」で「中村倫也に熱視線!」の理由
4
石橋貴明、「スポーツ王」視聴率1桁でピンチもあの業界に参戦で再ブレイクか?
5
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!