芸能

「王様のブランチ」でLiLiCoに抹殺された、二階堂ふみの“脱ぎ損”映画

20150813nikaido

「いやあ、これほどヒドイとは思いませんでした。マスコミにほとんど取り上げられない」

 こう言って頭を抱えているのは、8月8日に公開された映画「この国の空」の関係者だ。

 二階堂ふみと長谷川博己W主演の今作は、脚本家の荒井晴彦が18年ぶりに監督も兼任したことと、後ろ姿ではあるが二階堂の全裸シーンもあることで話題になっていた。

 しかし、主な出演者が出席した完成披露試写会や公開初日舞台挨拶もほとんど報道されないという惨状。これについて芸能記者に話を聞いた。

「完成披露の前日、女性週刊誌が長谷川と鈴木京香の破局を伝えたんです。記者たちはこのタイミングの報道に“映画の話題作り”と承知、当然取り上げて欲しいんだろうと記者会見に集まりました。しかし、広報からは『映画以外の質問はなし。長谷川さんの件も質問するな!』とクギを刺されたんです。しかも、最も話題性のある二階堂の過激シーンについての質問も一切NG。この対応のヒドさに、『宣伝する気あるのか!』と各社怒り心頭ですよ」

 さらに、映画関係者をガッカリさせたのは、TBSの「王様のブランチ」だ。

「映画紹介で定評のあるLiLiCoのコーナーで、今夏公開映画作品の一覧をボードで紹介したのですが、そこに『この国の空』が入っていなかったんです。奇しくも長谷川さんの破局話は、同時期公開の出演作『進撃の巨人』の話題の際に散々取り上げられて宣伝に貢献していますがね」

「この国の空」が一覧から抹殺された理由について、映画関係者の間では「TBSと配給会社との間になんらかのトラブルがあったのでは?」といった憶測も囁かれているが、前述したマスコミとのトラブルが起因しているのであれば残念だ。

 終戦70周年の今年、数々の戦争映画が公開される中で、今作は少女の性をテーマにした異色の戦争映画だった。それだけに話題にならないどころか、公開映画として抹殺までされてしまったのであれば二階堂も脱ぎ損、なんとも淋しいかぎりだ。

(米沢のしろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    加工に疲れた!?「証明写真」「写ルンです」の「盛らない」写真の人気事情

    SNSに投稿する写真は加工アプリを使って「盛る」ことが当たり前になっているが、今、徳にZ世代の間では「あえて盛らない」写真を撮影し投稿することがブームとなっている。いったい若者たちにどんな心境の変化があったのか。ITライターが語る。「盛らな…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
雪の上に「一本足のU字型足跡」が60キロも点々と…住民をパニックに陥れた「デヴォンシャーの悪魔」犯人探し
2
里崎智也がバラした「安楽智大のパワハラ」よりも許せない「球界迷惑事件」
3
「池袋駅」大規模整備で期待が膨らむ「都電荒川線」延伸計画の再浮上
4
【バス旅】太川陽介がブチギレ確実!イライラを爆発させる「史上最悪のゲスト」
5
巨人・戸郷翔征の顔をこわばらせた阿部監督の「開幕投手指名」今から火の車事情