芸能

人気美女「お局VS若手」仁義なき蹴落としあい(5)歌手編 和田アキ子→仲間由紀恵にダメ出し&絢香をき突き飛ばし

 独立独歩で地位を築いた個性派ぞろいの音楽業界は、アクの強いお局たちの巣窟だ。とりわけ紅白歌合戦は、お局が活躍する絶好の舞台のようで‥‥。

 音楽業界の“女ボス”といえば、和田アキ子( 61 )を外すことはできない。
 最近も、米歌手のレディー・ガガ(25)が東日本大震災の被災地に2億4000万円を寄付したことに、「ガガにしては少ないと思う」と発言して物議を醸した。
 そんな和田が特に“お局パワー”を発揮させるのが、大みそかの「NHK紅白歌合戦」である。
「08年の紅白前に『アッコにおまかせ!』(TBS系)で初出場組の話題になった際には『勘弁してくれっていうのがいる』『歌を何だと思っているんだ』と言いたい放題だった。実績に乏しいGIRL NEXT DOORが『エイベックス』のゴリ押しで出場を決めたと推測しての批判でしょう。さらには、『紅組』の司会を務めた仲間由紀恵(32)に対しては、『ほとんどカンペを見ていたのが残念だった』と暴露したこともありました」(レコード会社社員)
 音楽業界関係者の間で紅白は「年に一度のお局の祭典」とも言われているが、そんな紅白で和田と正面切ってやり合っているのが、奇抜な衣装でおなじみの小林幸子(58)である。
 お局同士の小競り合いにも見えるが、実は若手が迷惑していた。「後輩たちは挨拶の順番から、どちらとより親しげに接するかなど毎年頭を抱えているんですよ。そんな2人が昨年の紅白で、舞台のセンターポジションを取り合った。勢い余った和田が、そばに立っていた絢香(24)を突き飛ばしてしまった」(芸能プロマネジャー)
 一方、若くして「エイベックス」の大黒柱に君臨した浜崎あゆみ(33)は、お局と化すのも早かった。標的は、もっぱら倖田來未(29)である。
「倖田のブレイクを浜崎がねたんだのがきっかけです。以来、紅白も含め、同じ歌番組で控え室の大きさが同じランクだと『何で、あっち(倖田)と同じなの?』とスタッフに難癖をつける。陰で『あのストリッパーみたいな子、なぁに?』と鼻で笑ったことは倖田の耳にも入ってしまったため、関係は最悪です」(芸能記者)
 浜崎は、人気が落ち着いても新曲の発売ごとに億単位のプロモーション費用をかけ、「チームあゆ」と呼ばれる30人以上の取り巻きスタッフを雇うなど、やりたい放題。
「過剰な特別待遇は、後輩歌手たちもおもしろく思っていない。倖田はTRFのYU-KI(45)は先輩としてしっかり立てるのですが、浜崎の話題には一切触れませんよ」(エイベックス関係者)
 その倖田も、自分が格下と思ったアーティストには、お局然としてふるまうというのである。
「格好のターゲットが大塚愛( 29 )ですよ。大塚が倖田のことを『脱いで売れた人でしょ』と言い放ったことが、これも倖田に伝わってしまったのが発端だといいます。浜崎のケースと違うのは相手が後輩だったこと。同じ番組に出演した際、大塚が写っているカメラフレームにカットインするなど嫌がらせを続けている」(前出・芸能記者)  お局役は引き継がれていくようである。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し