芸能

浸透するわけない!朝ドラ「あさが来た」、流行語狙いのゴリ押しがウザすぎる

20150930haru

 9月28日からNHK連続テレビ小説「あさが来た」がスタートした。同ドラマは朝ドラ史上初の幕末が舞台とあって、多くの視聴者から話題を集めている。

「『あさが来た』第1話では、10歳の子役演じる主人公と、35歳の玉木宏演じる両替商の次男による、いいなずけ同士の対面シーンが描かれました。ドラマの設定では11歳差のようですが、役者の実年齢では25歳差もあるため、視聴者からは『違和感がありすぎる』との声も出ています。しかし、そこで若い俳優に演じさせてもインパクトはありませんから、あえてNHKは玉木をキャスティングし、話題性を狙ったのかもしれません」(テレビ誌記者)

 傍から見たら親子にも見える男女のラブシーンを、今後、脚本家はどのように展開していくかにも注目が集まりそうだ。

 また年の差婚以外に、本編で何度も登場する“ある台詞”に関しても、NHKは大きな話題性を狙っているという。

「物語の中で主人公が驚いた際に言う『びっくりぽん!』という台詞で、NHKは流行語を狙っているようです。しかし地元の言葉だったり、当時の流行語ならまだしも、造語は不自然さが際立ってしまうので、あまり世間の評判は芳しくないようです。視聴者からも放送後、『あまちゃんの“じぇじぇじぇ”の二番煎じ』『口癖で自然に出すには無理がある』と批判が続出しています。今後、幾度となくドラマでは『びっくりぽん!』という台詞を使用するようですが、違和感が募って不快に思う視聴者が出てくる可能性がありますね」(前出・テレビ誌記者)

 流行語とは自然に世間へ浸透していくものであって、わざわざ狙うものではないのかもしれない。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハラさんを追い詰めたのは宮根誠司のような人」!ミヤネ屋に猛批判殺到の理由
2
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
3
出会って即関係!西野未姫がジャニーズと親密になった疑惑の番組とは?
4
叶姉妹、仮装ショットに絶賛の嵐!魅惑の「プリっとしたヒップ」大胆見せ
5
下半身はいてない!?マギーの超ミニ丈スカートショットにファン騒然