社会

TV業界はナメられすぎ!上西小百合議員、落選後の「タレント転身」計画

20150930uenishi

 維新の党から除名処分を受け、無所属となった上西小百合衆院議員が、このところ立て続けにバラエティ番組に出演。ついに関西芸能界の女帝・上沼恵美子とのバトルへと発展してきた。

 上西議員はTBSの人気番組「サンデージャポン」を皮切りに、「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に、そして27日には上沼が司会を務める「クギヅケ!」(読売テレビ)に出演した。今回は上西議員自ら「私の言い分を伝えたい」と出演を志願したというのだが、収録スタジオは騒然となったようだ。

「世間の『辞職すべき!』の声にどう応えるのか、上沼やパネラーが何度質問しても、あいまいな物言いしかしない上西議員にスタジオはイライラムードでした。そんななか、年収を聞かれた時だけは『2900万円ぐらい』と即答し、皆を呆れさせました」(芸能記者)

 その後ものらりくらりと質問の意図をすり替えた返答ばかりする上西議員に、上沼がいよいよブチ切れ。「1回辞めたら?」と強い口調で辞職勧告を言い渡したが、上西議員は最後まで「私はやりたいことがあってこの世界に入った」と主張し続けたのだった。

 これを見た視聴者からは「上沼恵美子よく言った」との賛辞とは裏腹に、上西議員に対しては「もともと維新の会の看板のおかげで比例当選した人なのだから、離党したら辞職すべき」「この人、税金泥棒と言う言葉がピッタリ」とネット上でも批判が続出。放送後には、上西議員の事務所に「早くやめろ」「テレビに出るな」と猛抗議の電話が殺到したというのだ。

 テレビに出演する度に“サンドバッグ状態”になるのはわかっているはずなのに、なぜ上西議員は自ら出演したがるのだろうか? 芸能記者は「タレント転身の布石では」と話す。

「次の選挙で上西議員が当選する可能性はかなり低い。それは本人が一番わかっているはず。だから、もし落選したとしてもスムーズにタレントに転身できるよう、いまからマスメディアとパイプを作っておきたいのでしょう」

 むしろ「好きにイジってくれたほうがオイシイ」というのが本望か。上西議員の目論見がこの通りならば、新たな炎上商法に利用されているテレビ業界はずいぶんナメられたものである。

(李井杏子)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆裂バスト女芸人・薄幸、自称Eカップは間違い!?“真実はGカップ”の「根拠」
2
阿部華也子、「めざまし」でファンの評論会も起きる“上品バスト”の膨らみ
3
日テレ笹崎里菜“木綿肌着”見えた!?ファンもヒヤヒヤよつんばい“ヒップトレ”
4
酒以外にも?橋本環奈、「麻雀激ハマり」報道で懸念される“オッサン体質”!
5
「急逝」竹内結子さん、出演映画を巡る“謎の連鎖”を原作者が呟いていた