社会

TV業界はナメられすぎ!上西小百合議員、落選後の「タレント転身」計画

20150930uenishi

 維新の党から除名処分を受け、無所属となった上西小百合衆院議員が、このところ立て続けにバラエティ番組に出演。ついに関西芸能界の女帝・上沼恵美子とのバトルへと発展してきた。

 上西議員はTBSの人気番組「サンデージャポン」を皮切りに、「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に、そして27日には上沼が司会を務める「クギヅケ!」(読売テレビ)に出演した。今回は上西議員自ら「私の言い分を伝えたい」と出演を志願したというのだが、収録スタジオは騒然となったようだ。

「世間の『辞職すべき!』の声にどう応えるのか、上沼やパネラーが何度質問しても、あいまいな物言いしかしない上西議員にスタジオはイライラムードでした。そんななか、年収を聞かれた時だけは『2900万円ぐらい』と即答し、皆を呆れさせました」(芸能記者)

 その後ものらりくらりと質問の意図をすり替えた返答ばかりする上西議員に、上沼がいよいよブチ切れ。「1回辞めたら?」と強い口調で辞職勧告を言い渡したが、上西議員は最後まで「私はやりたいことがあってこの世界に入った」と主張し続けたのだった。

 これを見た視聴者からは「上沼恵美子よく言った」との賛辞とは裏腹に、上西議員に対しては「もともと維新の会の看板のおかげで比例当選した人なのだから、離党したら辞職すべき」「この人、税金泥棒と言う言葉がピッタリ」とネット上でも批判が続出。放送後には、上西議員の事務所に「早くやめろ」「テレビに出るな」と猛抗議の電話が殺到したというのだ。

 テレビに出演する度に“サンドバッグ状態”になるのはわかっているはずなのに、なぜ上西議員は自ら出演したがるのだろうか? 芸能記者は「タレント転身の布石では」と話す。

「次の選挙で上西議員が当選する可能性はかなり低い。それは本人が一番わかっているはず。だから、もし落選したとしてもスムーズにタレントに転身できるよう、いまからマスメディアとパイプを作っておきたいのでしょう」

 むしろ「好きにイジってくれたほうがオイシイ」というのが本望か。上西議員の目論見がこの通りならば、新たな炎上商法に利用されているテレビ業界はずいぶんナメられたものである。

(李井杏子)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」