芸能

年収数千万円だったチェッカーズに大きな格差がついたワケ

20151005checkers

 9月30日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)で、元チェッカーズの鶴久政治が、人気絶頂時の凄まじい年収について赤裸々に語った。当時の人気を知る芸能ライターが語る。

「1983年にデビューしたチェッカーズは男女を問わずに支持されました。男子はチェッカーズカットと呼ばれた髪型や服装を真似し、女子は熱烈な追っかけに。あまりにファンが殺到するので、国鉄から新幹線への乗車を拒否されたという逸話もあるほどです」

 そのチェッカーズは、鶴久によると「バンド全員で長者番付入ったのはチェッカーズだけ」というほど稼いでいたという。当時はメンバー7人が平等に給料をもらっており、それだけで推定所得が一人3000万円を超えていたのである。

「初期のチェッカーズではほとんどのヒット曲を外部の作家が書いており、メンバーが書いた曲はシングルのB面に入る程度。そのため作詞や作曲をしても印税の額はたかが知れており、メンバー間の所得格差も小さかったのです」(前出・芸能ライター)

 そんな節目に変化が現れたのは、オリジナルの楽曲にこだわるようになってから。1987年には全曲がオリジナルのアルバム「GO」を発売し、メンバーのソロ活動も増えていく。このころから、作詞作曲のできるメンバーと、それ以外のメンバーの格差が広がっていったのである。

「多くの作詞を担当するフミヤや、作曲の才能がある鶴久の印税が増える一方で、最もワリを喰ったのが楽器のできない高杢禎彦でした。しかもソロデビューしてもパッとせず、チェッカーズ解散の時には最も強硬に反対したと言われています」(前出・芸能ライター)

 その高杢は解散後に、フミヤとの確執をネタにした暴露本を出版。このせいで再結成の芽が絶たれ、高杢は音楽業界からも離れることとなった。対するフミヤは今でも人気アーティストとして活躍し、鶴久は番組内で「毎年高級車が買える」と語ったほどの印税を得ているとか。この格差は作詞作曲の能力だけでなく、暴露本で仲間との絆を断ってしまったことで生まれた可能性も高そうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?