芸能

11歳で“劣化”って…芦田愛菜は演技力で「7歳ピーク説」を吹き飛ばせるか?

20151018ashida

 人気子役の芦田愛菜が10月13日、映画「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」(12月4日公開)の公開アフレコを行った。記者会見では「一目ぼれをしたことは?」と尋ねられ、「まだないです」と答えるなど小5らしい可愛らしさを全開。マスコミも大挙詰めかけるなど、その人気は衰えていないようだ。

 だが、このニュースを見聞きした一部のネット民からは、「愛菜たん、もはや劣化したか」という指摘が噴出。ほかにも「もうリボンは似合わないだろ」や、「成長したら可愛くないことがバレバレ」など品のない批判が続出したのである。そんな風潮をアイドル誌の編集者が解説する。

「それはアイドルの世界では昔から繰り返されてきた戯言ですよ。“劣化”という言葉を使いたいだけの連中が面白がっているんです。彼らの言葉に従えば、ハロー!プロジェクトなんて劣化メンしかいないことになります(笑)」

 モーニング娘。’15や℃-uteを擁するハロー!プロジェクトでは、2002年から小学生対象のオーディションを開催。多くのアイドルが巣立っていった。バラエティ番組で人気の“ももち”こと嗣永桃子(23)も10歳でオーディションに合格し、当初はハロプロキッズとして活動していたのである。前出のライターが続ける。

「嗣永らはBerryz工房を結成し、今年3月の活動休止まで一線級のアイドルとして活躍していましたが、小学生当時を知る古参ファンには『Berryzは劣化した、活動初期が良かった』と言う人もいるほど。そういうタイプの人は、自分が好きになったころの容姿がベストだと信じており、彼女たちの成長を素直に応援できないのです」

 ちなみに彼らのほとんどは決してガチな幼女好きではないのだとか。それゆえ芦田愛菜への批判も、ドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ系)でブレイクした7歳当時の芦田こそがベストだと考えているからかもしれない。一方で、古参の芸能ライターは芦田に関してこんな見方を提示する。

「愛菜ちゃんは大人がイメージする可愛らしい小学生の表情や所作を備えていた存在で、いわゆる美少女とは異なる個性の持ち主なんです。今後、ティーンモデルなどと競合するようになったとき、彼女のセールスポイントは存在感や演技力になっていくはず。もちろん可愛いのは間違いないし、成長につれて名子役から実力派若手女優へと脱皮していくことでしょう」

 最近は仕事をセーブしつつ、女優としての成長に重きを置いていると言われる芦田。5年後や10年後には、「芦田愛菜って昔、子役だったらしいよ」と言われる日が来るかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”