事件

ナベツネVS橋下徹「独裁者バトル」が見苦しすぎる(1) 終わりなき大論争が始まった

 独裁者が独裁者を「この独裁者め!」と罵れば、罵られた独裁者は「あんたのほうが独裁者じゃないか!」と罵り返す。回文でも早口言葉でもない。実際に、読売新聞社の会長と大阪市長との間での“大論争”なのだ。あまりに見苦しい内幕を以下――。

 果てなき“独裁者バトル”の口火を切ったのは、読売新聞グループ会長の渡辺恒雄氏(85)だった。
 契機となったのは、渡辺氏が文藝春秋4月号に寄稿した「日本を蝕む大衆迎合政治」と題された論文。
「大阪維新の会」の「船中八策」に掲げられた個別の政策を論じたあとに、本題を切り出したのだ。
〈もっとも危惧するのは、個々の政策よりも、次のような発言だ。『選挙では国民に大きな方向性を示して訴える。ある種の白紙委任なんです』(朝日新聞2月12日付)。この発言から、私が想起するのは、アドルフ・ヒトラーである〉
 もちろん槍玉にあげられたのは、橋下徹大阪市長(42)だ。ヒトラーが首相になったとたんに「全権委任法」を成立させたことになぞらえて、橋下氏の「白紙委任発言」をファシズムへの危険な兆候だとしている。
 さらに、橋下氏がワンフレーズで「抵抗勢力」に一撃を加える手法が、電子メディア隆盛の現代にもてはやされている一面も指摘している。
 橋下氏にはヒトラーばりの独裁者になる“素養”がある。そのうえ“環境”が整いつつあると言いたいのだ。つまり、「ナベツネ流」の危機感を表明したものだった。
 対する橋下氏も黙ってはいない。あえて、渡辺氏が
〈ワンフレーズポリティックスにはうってつけ〉と評した電子メディア、ツイッターで「口撃」を開始したのだ。
 まず、渡辺氏が〈理解できない〉とした政策に関して丁寧に説明。そして、肝心の渡辺氏がヒトラーになぞらえたことに反論する。
〈(ヒトラーにだぶらせているのは)論理の飛躍〉
 ここまでつぶやいて食事休憩を挟み、約1時間後に再び反論を開始した。
〈ヒトラー独裁の時の統治機構・メディアの情況と今のそれを比較して独裁云々を論じなければならない〉
 公正な選挙で権力者が選ばれている現在、メディアの権力監視も厳しく、独裁など不可能だと主張。そして、「白紙委任発言」の真意を説明したうえで、最後にこう締めくくるのだ。
〈独裁なんてやりようがないですよ。所詮、ローカルの大阪市役所の所長ですしね。それに比べれば、渡辺氏の方が読売新聞社だけでなく政界も財界も野球界も牛耳る堂々たる独裁じゃないですかね!〉
 この論争に関して、ジャーナリストの吉富有治氏はこう話す。
「渡辺さんは、『白紙委任発言』を許すような社会の感覚が問題だとしている。これ自体、しごくまっとうな意見だと思います。一方、橋下さんの反論は首をかしげたくなります。
『今の統治機構では独裁は無理』と反論していますが、そういった統治機構を変えようとしているのが橋下さんなわけですから‥‥

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
オリラジ中田、“ファン恫喝&儲け自慢で先輩愚弄”に「だから嫌われる」の声
2
テレ朝・弘中綾香、「酒宴で男性に“未経験”問い詰め」報道に逆にファン歓喜
3
加藤浩次、「笹崎里菜アナを“夜の商売”イジリ」で浴びた激賞!
4
剛力彩芽の次は黒木華…映画版「ビブリア古書堂」に原作ファンが2度目の涙
5
視聴率も微妙!「下町ロケット」に視聴者から批判が殺到しているワケ