芸能

北斗晶がまたもや乳ガン患者の気持ちを逆なで、「病院は刑務所じゃない!」

20151110hokuto

 抗ガン剤治療を行っている北斗晶が、11月6日に更新したブログで乳ガン患者たちの気持ちを逆なでしている、との声があがっている。

 北斗は「シャバに出たぞ~!!」とのタイトルでブログをアップ。退院でホッとした気持ちを表現したかったようだが、逆効果でしかなかったようだ。乳ガン患者たちとの交流も深い医療系ライターがため息をつきながら語る。

「ブログを見てあきれましたね。“シャバに出た”とはすなわち、病院は刑務所だと言っているのと同じこと。だったらガンになることは犯罪なんですか? 乳ガン患者は犯罪者なんでしょうか? これでは再入院する乳ガン患者に対し、世間の人は『かわいそう』という哀れみを感じかねません。患者さんは希望をもって入院しているのに、まったく逆の印象を持たれてしまいます」

 乳ガンに限らずガン患者は手術後も、転移のチェックや抗ガン剤治療、放射線治療などのために、入退院を繰り返すケースが多い。北斗の入院も経過観察が目的であり、患者は誰しも少しでも長く生き抜くため、そして回復するために病院に足を運んでいる。そんな希望の場所で北斗は、病院でやってはいけない行為も行っていたのである。前出・医療系ライターが続ける。

「夫の佐々木健介さんが北斗さんのベッドにもぐりこみ、10分間添い寝したことが写真付きで紹介されていました。これは衛生面から見て大問題です。外部から来た面会者が様々なばい菌やウィルスに汚染されているというのは常識。だから面会者は必ず手をアルコール消毒しますし、マスクの着用も奨励されています。ましてや服のままベッドに入り込むなんてもってのほか。北斗さんが個室かどうかは不明ですが、もし相部屋なら、同じ部屋の患者さんがクレームをつけても文句を言えない行為ですね」

 今や北斗は乳ガン患者の代表的な存在になっており、なかには北斗の闘病生活を知ることで元気づけられている患者もいるはずだ。一方で北斗の言動に不快な思いを抱いている乳ガン患者が少なくないこともまた事実。どうか北斗にはポジティブな情報の発信は続けつつ、乳ガン治療の現場にとってマイナスになるような言動や行為は避けるように気を付けてもらいたいものだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ