芸能

グラビアを飾る美女たちのスキャンダル真相「吉沢さりぃ・Kカップが明かす“危ない営業”体験談」

20151119c

 その巨大なバストには、芸能界を生き抜くスピリッツも、男たちを惑わすフェロモンも満タンに詰まっている。だが、時には「蜜の味」が「毒(プアゾン)」に変わり、信じられないスキャンダルに発展することも‥‥。このところ芸能ニュースを席巻するアイドルたちの事件は、いかに展開したのか──!

 グラビアデビューから約10年、Kカップが魅力の吉沢さりぃ(30)=B104・W63・H87=が、長いキャリアをもとに「衝撃の告白」をする。

── なんて乳だ! 三十路を迎えても衰え知らず?

吉沢 むしろ、デビュー当時より今のほうが大きくなっている感じですね。

── これほど危険なカラダを持っていると、現場でのハプニングも多そうだ。

吉沢 ありますよ~、DVDのロケにはマネージャーが来ないことも多いんです。事前の打ち合わせで「水着はこのタイプまで」とか「露出はここまで」と決めていたのに、いざ現場に着くとまったく無視(笑)。

── 女の子が1人だと、メーカー側に押し切られてしまうか。

吉沢 それでも「できません!」と突っぱねるんです。そうすると険悪な雰囲気になりますね。

── ちなみに、どんな要求が来るの?

吉沢 多いのは「シャラポワ」かな。つけ乳首をつけて、水着越しに胸ポッチを見せるという。

── そんな専門用語が(笑)。それを断るとどうなる?

吉沢 メーカーよりもマネージャーに怒られるんです。本当はDVDを2つ撮るはずだったと。だけど要求を拒否したから1枚しか出せない。こちらは損したから、お前はノーギャラだと‥‥。

── 巧妙に「持ち逃げ」されている気がする。

吉沢 そうですよね! DVDは世に出たのに、その分のギャラがないなんて信じられないです。

── さて、今やポピュラーな言葉になった「枕営業」について聞きたい。

吉沢 皆さんが思う枕営業って、テレビ局のプロデューサーなどが「俺とつきあったらレギュラーをやるぞ」って持ちかけている感じでしょ? 最近は違います。女の子のほうから迫っています。しかも「私はあなたのことが好きなの!」って態度、枕営業ということを匂わせない。

── それって、キャバ嬢にありがちな‥‥。

吉沢 そうです、巧妙に色恋を使うんですよ。

── Kカップの持ち主ゆえに、実際に“魔の手”が襲ってきたことも1度や2度ではなさそうだ。

吉沢 はい、あれは3年前だったかな。ある深夜番組の司会アシスタントを探しているというので、候補者がホテルのラウンジに集められたんです。そこでスポンサーらしいおじいちゃんに私が気に入られたらしく、翌週に再び面接と言われました。その日は水着を持参してほしいと。

── 番組レギュラーがかかっているなら、断れないよね。

吉沢 ところが、ホテルの客室内で2人きりなんですよ。しかも、私が水着に着替えている間に、おじいちゃんはバスローブ姿になっていて(笑)。これはマズいなあ‥‥と思って、安全な距離間をキープしていました。

── ただ、そこは密室。当然、迫ってくるでしょ?

吉沢 はい、おじいちゃんは「キミにセクシーさを感じたら使ってあげるよ」と言いながら近づいてきて、私は離れる。もう部屋を何周もグルグルして(笑)。そのうち、おじいちゃんは観念したのか、3万円を「交通費だ」と叩きつけてバイバイされましたけど。

── 番組のアシスタントはどうなったの?

吉沢 最初にロビーに集められた子の一人がちゃっかりと座ってましたよ。私の次に呼び出されて、ちゃんと“要求”に応えたのかなって。

── 残念だったけど、女のプライドは守れたからよしとしますか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人