芸能

フジ昼ドラが来年3月終幕!女優たちの伝説の名場面をフィードバック「“華の嵐”で魅せた高木美保の女優魂」

20151119i

 ドロドロの愛憎劇など独特の世界観が時に社会現象まで巻き起こした、フジテレビ系・東海テレビ制作の“昼ドラ”が来年3月で52年の歴史に幕を下ろすという。真っ昼間から放映されてきた、欲望渦巻く扇情シーンの数々は半ば伝説と化したものだ。まさに女優たちが必死の決意で挑み続けた、「伝説の場面」を特選したい。

 10月28日、スポーツニッポンが「フジの昼ドラ放送終了」を報じ、多くの嘆きの声が聞かれた。52年という歳月が、固定ファンとともにさまざまなドラマを生んできた証拠である。

 昼ドラ視聴歴40年を誇るドラマ評論家・ペリー荻野氏も落胆を隠せない。

「フレッシュ女優の登竜門とも呼ばれる、NHK朝ドラに対し、昼ドラは女優が熟していく過程を見られる貴重な場でした。彼女たちの骨太な根性が入っているドラマがなくなるのは寂しいかぎりです」

 その歴史を振り返れば、シリーズ当初の60~70年代は文芸作品が多く、現在の淫靡なイメージとはかけ離れていたようだ。

 転機となったのが、86年に田中美佐子(55)主演で放送された「愛の嵐」に始まり、高木美保(53)を主演に迎えた、「華の嵐」(88年)、「夏の嵐」(89年)と続いた「嵐3部作」である。

 中でも、最高視聴率が19%にも及んだ「華の嵐」は爆発的ブームとなった。

 華族の娘として生まれ、「貴族としての誇り」と「身分違いの恋」に揺れる女の一生を描いた同作は女性の根強い支持を受けたのだ。中には会社のトイレにポータブルテレビを持ち込み、秘部を刺激しながらこっそり観賞するOLも現れたほどだという‥‥。当然、男性にとっても見どころ満載の作品だった。芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が当時を振り返る。

「映画『Wの悲劇』(84年・東映)の濡れ場で高木が披露した凛とした背中は、今でも覚えています。その光景が頭の中にあるので、高慢ちきなお嬢様役は適役でしたね。男の間でも話題になっていましたよ」

 ドラマ評論家の上杉純也氏も同作に熱狂した一人だ。

「高木は清純派で売っていましたが、貴族の服に包まれた肉体は相当ムチムチしていましたからね。そのギャップのエロさに心奪われました。『愛欲』をテーマとする現在の昼ドラ路線を作った最大の立て役者でしょう」

 半世紀という長きにわたる歴史を刻んだだけに、昼ドラには大きな変遷があった。その後、21世紀に入ると徐々に過激なものが目立ち始める。

「ここ10年ほど、昼ドラに出る女優は、離婚など私生活で何らかの分岐点に立っているのではと、芸能レポーターの間で話題になりました。横山めぐみ(46)、遠野なぎこ(35)、大河内奈々子(38)、安達祐実(34)‥‥。並行してドラマの性描写が露骨になり、昼ドラが“女優再生ドラマ”と化してきたんです」(前出・佐々木氏)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」