スポーツ

美女ゴルファー12人の“金と男”事情「強すぎるイ・ボミの魅力とは?」

20151119v

 今季の女子プロゴルフツアーは残すところあと3戦となり、賞金女王争いもラストスパートに突入した。だが、クラブを握れば正確なボールコントロールを見せる美女ゴルファーたちも、「カネと下半身」ではミスショットを連発。その乱れっぷりを総括する。

 今年の日本女子プロゴルフ協会(LPGA)ツアーはまるでイ・ボミ(27)のためにあるようだった。スポーツ紙デスクが振り返る。

「ツアー37戦中、残り4試合を残して優勝5回、準優勝7回、ベスト10入り20回と、圧倒的な強さと安定感。史上初の2億円突破を目指し、賞金女王に向けて独走している。昨年も賞金女王街道を快走しながら、9月に試合会場で闘病中の父親の危篤を知らされ、韓国に緊急帰国。最期を看取ることこそできたもののダメージが大きく、終盤に失速してしまった。それだけに‥‥」

 今季、その亡き父との約束である「日本ツアーで賞金女王」を目標に掲げたボミには、常に会場から熱い声援が送られていた。ゴルフ担当記者が明かす。

「間違いなく一番の人気者でしたね。『ボミちゃん、来週も応援に来るよ』なんて、浪花節好きなオヤジ族から声が飛んでいました。11年に日本ツアーデビューした彼女は、翌年には米国ツアー参戦構想を取りやめ、日本に専念すると明言。この4年間で日本語はペラペラになり、『大好きな日本で引退したい』と言って、トレードマークのボミ・スマイルを振りまいています」

 韓国でもスマイル・キャンディーの愛称で人気だが、身長158センチ、56キロのムチムチなボディラインも魅力だ。ツアーのレセプションには黒いミニのドレスでさっそうと登場することもある。スポーツ紙カメラマンが興奮口調で言う。

「ツンと上向きで推定Eカップの胸、腰からヒップにかけてのくびれもいいですが、サイドから見たS字ラインがいい。ゴルファーの職業病とも言われる腰痛対策から体幹トレを取り入れている効果もあってか、特にヒップの張りが進化しています。スイングの瞬間にギュッと締まり、グリーン回りで立て膝になってラインを読む時も、スカートからのぞくムッチリとした太腿ばかりに見とれることなく、張りのあるヒップショットも狙いたくなる。触り心地抜群の肉感美ですよ」

 ゴルフジャーナリストの宮崎紘一氏は、

「賞金女王にしても2億円獲得にしても、お金が目標値でしょ。それであれば、『平均ストローク69台』を目指す(台湾の)テレサ・ルー(28)のようなハングリーさを持つ選手のほうが怖い。彼女は賞金女王には関心がないんです。実力をつければ、結果的に(お金は)ついてくるものですからね」

 と評しながらも、賞金ランク50位以内に11人が名を連ねる(10月末現在)、ボミら圧倒的な韓国勢について、次のように話すのだ。

「韓国の選手はゴルフへのマネージメントにたけている。確たる目標を持ち、そのために何をすべきか、常に考えています。そして試合になれば、コースを攻めるマネージメント力を発揮する。緻密なコース攻略、ここ一番での集中力と、勝つためのゴルフに徹しています。残念ながら『日本ツアーは効率よく稼げておいしい』というイメージだと思いますよ。迎え撃つ立場の日本人選手はといえば、志が低く、達成への覚悟が足りない。ちょっと成績がよくなれば勘違いし、スキャンダルで沈む。このままじゃ、来年もやられっぱなしでしょう」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」