芸能

グラビアを飾る美女たちのスキャンダル真相「高部あい逮捕でおびえる“グラドル”仲間とは?」

20151119d

 ここ最近、立て続けに起こる「グラドルたち」の不祥事。そのポイントをここに整理してみよう。

 11月4日にコカイン使用容疑で再逮捕されたのは、タレントの高部あい(27)である。04年に「全日本国民的美少女コンテスト」のグラビア賞を受賞。以来、水着グラビアを中心に活動していた。

 所属事務所は逮捕と同時に解雇したが、その前日、あるパーティに参加したことで“不穏な噂”が広がる。

「パーティの主催がセレブアイドルを自称する森下悠里(30)です。さらに、高部と同じ事務所の原幹恵(28)も同席。薬物とは関係ないにせよ、各事務所がヒヤヒヤしたことは間違いない」(芸能レポーター)

 高部の転落のきっかけになったのが、13年にオンエアされた「徳井義実のチャックおろさせて~や」(スカパー!)という番組。AV女優でもないのに、エロ企画が満載の番組でアシスタントにさせられた。

「1回で降板しましたが、自分のポジションがこんなものかとショックを受けたようです」(前出・芸能レポーター)

 Gカップアイドルの高崎聖子(22)は、9月に「愛人疑惑の動画が流出?」という騒動に見舞われた。

「自身はブログで、動画の一部が捏造であると主張。ただし、選出されていた『日テレジェニック2015』を辞退したり、現所属事務所が解雇を示唆するなど、ダメージの影響は計り知れません。恐らく、かつて名古屋で活動した時代に鳴らしたギターを生かし、バンド活動に転身しそうです」(グラビア誌編集者)

 衝撃の告白をしたのは、元生徒会長がウリだった佐藤寛子(30)だ。石井隆監督作でハードな濡れ場に挑んだことも記憶に新しいが、今年4月、シングルマザーとして男の子を出産したことを明かした。

「不倫などではなく、同棲相手に妊娠を告げたら男が去って行った。それでも母親や妹たちのバックアップを受け、出産を決意しました」(グラビアカメラマン)

 また一皮剥けた女優に成長するだろうか‥‥。

 さて、グラビア史に残るお騒がせ女王といえば小泉麻耶(27)だ。かつては退学処分を下した高校を提訴したり、12年には巨人・阿部慎之助との泥沼不倫騒動。さらに14年に「所属事務所内の枕営業を告発」とスキャンダルの嵐である。

「あれほど騒がれながら阿部との不倫は終わっておらず、野球どころではない阿部の成績不振につながった。枕営業を告発した事務所との契約は当然、打ち切られたが、すかさず別の事務所を見つけるのが小泉のたくましさです」(プロダクション関係者)

 ただし、仕事面では開店休業が続き、どの媒体も「怖くて使えない」状態であるらしい。

 たくましさで言うなら、ペニオク騒動で姿を消した松金ようこ(33)も負けていない。ほしのあきや熊田曜子を誘った詐欺行為を謝罪し、芸能活動を休止しているが──。

「表舞台にこそ出ていないが、新しい会社を作って社長業に励んでいますよ」(グラビアカメラマン)

 おっぱい番長こと相澤仁美(33)は、デビュー前のソフトAV出演疑惑が報じられて活動をフェードアウト。引退こそしていないが、復帰の気配はまったくない。

 00年に三田佳子次男の「地下室薬物パーティ」への参加を取りざたされた吉田里深(36)は、ひっそりと芸能活動を再開。

「ヘアヌードやAVの依頼が相次ぐが、本人にその気はまったくない」(グラビア誌編集者)

 それでもかじりつきたい芸能界なのか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権
3
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
4
タモリ・たけしが徐々にテレビから消えていき…「ビッグ3」で残るのは「さんま」だけ
5
3メートル近い大刀を振り回した体重250キロの巨漢武将「織田・徳川連合軍との激戦」