特集

「マカより効く!?」男の“自信復活”に「レッドドラゴン」が推される理由

Sponsored

20151116reddragon

 加齢、過度のストレス、あるいは食べ過ぎ、生活習慣の乱れからはじまるメタボリックシンドローム。多くの中高年を悩ます症状だが、この状態を放っておくと動脈硬化が進行し、ゆくゆくは虚血性疾患、いわゆる狭心症や心筋梗塞を招く恐れがある。

 狭心症とは動脈硬化などによって心臓の血管が狭くなり、血液の流れが悪くなる状態。一方の心筋梗塞は心臓の血管に血液のかたまりができて詰まり、血流が悪くなることで心筋の細胞を壊してしまう病気だ。

 こうした加齢やストレス、生活習慣の乱れが原因で“血行不良”を起こすのは、なにも心臓だけではない。我が愛息のED(勃起不全)もまた、骨盤内から陰茎へと流れこむ血流の悪化が主な原因と言われている。

 つまり、この男性不全を解消するには、腰から下のドロドロになった血液の「めぐりの悪化」を、サラサラに改善することが先決なのである。

 そこで今「マカよりも効く!?」と評判を集めているのが、「ランペップ」と呼ばれる卵白に含まれるペプチド成分。これは昨今、男性の「強壮」や「増大サプリ」に重宝されているもので、体内に摂り入れることで一酸化窒素の産生を促進、血管を拡張し、血流改善をもたらすと大注目を浴びている成分だ。

 そんなランペップの研究開発に成功し、特許を取得しているのが、京都大学の敷地内に研究所を構える企業「ファーマフーズ」。男性の活力サポートを謳う商品は数あれど、ランペップを主成分にした商品は少ない。このたび、そんな貴重成分ランペップを商品化した。リカバリーハウスが手がける、その名も「レッドドラゴン~PREMIUM RICH」。レッドドラゴンは、このランペップの推奨量である500mgを唯一配合している、現時点でのオンリーワンの商品なのである。

20151116reddragon-center

「レッドドラゴン」の効果の秘密はこれだけではない。前述のランペップの他にも、アルギニンをはじめとしたアミノ酸が16種類も含まれている「マカ」、海外ではセックスミネラルとも呼ばれている「亜鉛」と、これら3大成分が、それぞれの力を最大限に引き出されるよう、独自の黄金比率(※特許取得)で配合されている。

 また、他にも高麗人参の最高級品「紅参」、ブラジル先住民の活力の源「カツアーバ」など、その効果を高める成分を贅沢に配合。もちろん薬ではないので副作用を心配する人からも好評なのだとか。

 そんな“驚きの実感率91.3%”を謳う「レッドドラゴン」が、今回「限定キャンペーン」を実施している。

 3カ月間じっくり試す「強い男 復活コース」なら、1箱30日分(180粒入り)が、初回購入価格でなんと65%オフの4900円(送料無料)!しかもクレジットカード払いの場合はさらに500円引きというから見逃せない。

 もちろん「90日間全額返金保証」付きだから、初めての購入も安心だ。

 下記サイトには、「レッドドラゴン」愛飲者の声が続々寄せられている。彼らのようにもう一度「あの頃の硬さを取り戻したい!」と願う切実な諸兄には、まずはその喜びの声をチェックしていただき、購入の検討材料にしてみてはどうだろうか。

 今こそ“男の自信復活”のチャンスかもしれない。

Sponsored by 株式会社回復家

 

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!