特集

圧倒的なコスパ!? 「マカよりも!」で人気の“男の自信復活”サプリ『レッドドラゴン』がW特許成分配合でリニューアル!

Sponsored

 加齢、過度のストレス、あるいは食べ過ぎ、生活習慣の乱れからはじまるメタボリックシンドローム。多くの中高年を悩ます症状だが、この状態を放っておくと動脈硬化が進行し、ゆくゆくは虚血性疾患、いわゆる狭心症や心筋梗塞を招く恐れがある。

 また、こうした加齢やストレス、生活習慣の乱れが原因で“血行不良”を起こすのは、なにも心臓だけではない。我が愛息のED(勃起不全)もまた、骨盤内から陰茎へと流れこむ血流の悪化が主な原因と言われている。

 つまり、この男性不全を解消するには、腰から下のドロドロになった血液の「めぐりの悪化」を、サラサラに改善することが先決なのである。

 そこで今「マカよりも効く!?」と評判を集めているのが、「ランペップ」と呼ばれる卵白に含まれるペプチド成分。これは昨今、男性の「強壮」や「増大サプリ」に重宝されているもので、体内に摂り入れることで一酸化窒素の産生を促進、血管を拡張し、血流改善をもたらすと大注目を浴びている成分だ。

 男性の活力サポートを謳う商品は数あれど、ランペップを主成分にした商品は少ない。そんな中、貴重成分ランペップを商品化した『レッドドラゴン』は、世の中年オヤジたちにとっての“男力”源として話題となった。効果の秘密はこれだけではない。他にも、アルギニンをはじめとしたアミノ酸が16種類も含まれている「マカ」、海外ではセックスミネラルとも呼ばれている「亜鉛」と、これら3大成分が、それぞれの力を最大限に引き出されるよう、特許を取得した独自の黄金比率で配合されているのだ。

 そんな“驚きのリピート率88%”(※)を謳っていた『レッドドラゴン』が、今回“ハイグレードエディション”として、ランペップの有用性はそのままにリニューアルしたという。その驚きの内容だが……まずは、成分量のアップだ。男性栄養素の宝庫「マカ」を160%、別名“男性ミネラル”の「亜鉛」を110%増量。サプリメントのキモとなる配合成分と配合量をしっかり“男力”に還元したところが“ハイグレード”たる所以だ。

さらに、ダブルの特許配合として、アミノ酸、ミネラル、ビタミンの吸収を高める「バイオぺリン」をプラス。他にも、男の元気をサポートする成分としてお馴染みの「クラチャイダム」、「トンカットアリ」、「マグネシウム」に、抗酸化作用を持つビタミンC・E・B1を新たに配合した。

 そして、WEB限定の定期コースなら、自信を失った男性をサポートする“男性アミノ酸”「アルギニン60000」(通常価格4870円)がセットとしてついてくる。これは、2000mgのアルギニン(粉末タイプ)を1包に凝縮したもの。30日分、合わせて60000mgものアルギニンが、『レッドドラゴン』と同時に摂取できることになる。

 この定期コースのWEB限定セットが、初回に限りなんと!70%オフの4900円(通常価格16270円)。しかもクレジットカード払いの場合はさらに500円引きというから見逃せない。もちろんリニューアル前と同じく、「90日間全額返金保証」付きだから、初めての購入も安心だ。

 下記サイトには、「レッドドラゴン」愛飲者の声が続々寄せられているが、成分量に対してのコストパフォーマンスが「圧倒的!」という称賛の声もよくみられる。そして何よりも、彼らのようにもう一度「あの頃の硬さを取り戻したい!」と願う切実な諸兄には、まずはその喜びの声をチェックしていただき、購入の検討材料にしてみてはどうだろうか。

公式サイト限定キャンペーンはコチラ

※2015年10月~2018年9月 定期購入者 自社調べ

Sponsored by 株式会社暖生堂

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
4
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”