社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<心不全>心筋梗塞や高血圧で発症リスクが高くなる

 死亡欄の記事でもよく目にする「心不全」。心臓病と間違われやすいが、これは病気ではない。

「心不全」は、心臓に何らかの異常があり、心機能が低下して、全身の臓器が必要とする血液を十分に送り出せなくなった状態。心臓は全身に血液を送り出すポンプとして休むことなく働いているが、心臓に酸素や栄養を送る冠動脈が詰まってしまったり、さまざまな原因で心臓の壁が厚くなってしまうと、そのポンプ機能がうまく働かなくなり「心不全」に陥るのだ。

「心不全」の状態になると命を失う危険性が高く、急性心不全で入院した人の約22%が1年以内に亡くなるといわれている。

 主な原因は、心筋梗塞や虚血性心疾患、心臓弁膜症、心筋炎、心筋症、先天性心疾患などの「心臓の病気」だ。これらの病気を発症すると心臓にかかる負担が大きくなり、心機能が低下してしまう危険があるのだ。

「高血圧」も「心不全」の原因となるケースが多い。「高血圧」患者の場合は、高い血圧に耐えるために血管の壁が厚く硬くなっていく。そのため、心臓はより強い力で血液を押し出す必要が出てくるのだ。この状態が続くと、心筋が厚くなり心臓に十分な血液を送り出すことができなくなってしまうのだ。

 風邪などと異なり、一度発症した「心不全」が完治することはない。そのため、継続的な服薬が必要になる。

 予防法は、生活習慣を見直して、心臓に負担がかかる危険因子を取り除いていくしかない。前述した高血圧だけでなく、高血糖や肥満、動脈硬化に陥らないためには、バランスのよい食生活や適度な運動、疲れやストレスをためないよう心がけたい。

 喫煙や飲酒、塩分のとりすぎなども心臓に負担をかけるリスクがあるため注意が必要だ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日