社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<心筋梗塞>最大原因は「動脈硬化」脱水で発症するケースも

「心筋梗塞」といえば冬の病気と思われがちだが、夏の時期も発症リスクが高い。

「心筋梗塞」とは心臓の血管が完全に塞がり、血流が途絶える状態を指す。胸痛の他に、冷や汗を伴う腹痛、肩、背中、咽喉などの痛み、めまいなどの症状が現れることもある。

 特に、胸痛が10~20分以上続く場合や、痛みが非常に激しい場合は、心筋梗塞の可能性が高い。

 発症の最大原因は、「動脈硬化」だ。冬の場合は、熱を外に逃がさないように血管が収縮して、血圧が上昇。その際に、血管が詰まってしまうことで動脈硬化が起こりやすくなる。

 一方、夏の心筋梗塞は「脱水」が原因で発症するケースが多い。暑い日には汗を多くかくため、十分な水分補給をしていないと体が脱水状態に陥ってしまい、血液中の水分量が減少してしまうからだ。血液中の水分が減ると血液がドロドロになって血栓ができやすくなり、動脈硬化を引き起こしてしまうのだ。

 特に夏場の予防法としては、糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病患者、肥満、喫煙習慣がある人は、発症リスクが高いため生活習慣の見直しや治療を行うことが必要だ。

 とりわけ、脂肪や塩分の摂りすぎに注意し、軽い運動を行うことで、リスク低下が期待できる。

 脱水状態が動脈硬化を引き起こすケースが多いため、水分補給をすることも大切だ。その際に、1度に大量の水分を摂取するのではなく、こまめに補給することがポイントとなる。特に、起床時やスポーツ中、入浴の前後、飲酒中、睡眠前などは水分が失われやすいため、コップ1杯程度の水分補給をするように心がけよう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」