芸能

インパルス堤下、ネット生中継で酔って女性視聴者を「ボケ」「バカ」と罵倒

20151117inparusu

 見るに堪えないとはこのことか。お笑いコンビ・インパルスの堤下敦が、ネット生中継の視聴者に対して暴言を吐いたことが話題になっている。堤下は11月15日の深夜にネット配信サービス「ツイキャス」を利用しての生配信を開始。ツイキャスには1対1で会話ができる機能があり、ラジオ番組のノリで視聴者とのコミュニケーションを楽しめるが、堤下の暴言はその会話中に起こった。

 女性視聴者との会話中にヒートアップした堤下は、「なんだよケンカしてぇのか、オラ!」と恫喝。女性も負けじと言い返すが、それに対して「バカってなんだよ。お前よりバカじゃねーよバカ!」と、小学生のケンカ並みの応酬だ。しかも、画面に映し出された堤下の表情は明らかに酩酊状態。酒に酔っての暴言という、芸能人にあるまじき醜態をさらしたのである。芸能ライターが語る。

「スマホ1台で簡単にネット生中継ができるツイキャスは、アイドルや若手芸人にとって格好のコミュニケーションツールとなっています。有名人でもロンブーの敦やホリエモンも利用しており、若者の間での認知度は高いツールです。ただ今回の堤下のように、芸能人が泥酔状態で配信したという話は聞いたことがないですね」

 スマホの電波さえ繋がれば、いつでもどこでも生配信スタジオとなるツイキャスでは、アイドルが寝る前にパジャマ姿で配信するといったサプライズ要素も人気の一つ。配信する前にツイッターで告知し、それに気付いた人だけが見られるというレア感も魅力の一つになっている。

 逆に言えば、泥酔状態で正常な判断力がなくてもうっかり配信できてしまうのもまた事実。テレビ番組のようなディレクターもおらず、マネージャーさえも配信を把握していない状態では、配信者本人の素が露わになってしまう恐れも高いのである。前出の芸能ライターが続ける。

「堤下は、後輩など弱い相手に対して高圧的な態度に出ることで知られています。そのため、森三中の大島から大嫌いだと名指しされたり、平成ノブシコブシの徳井にも後輩から嫌われている芸人として名前をあげられていました。本人はアイドルファンを公言していますが、堤下のそんな性格を知る一般のファンからはあまり快く思われていませんね」

 お笑い業界のなかで不人気なのはともかく、ツイキャスで一般人に対して高圧的に出たところに堤下の性格がにじみ出ているようだ。配信中には視聴者数の少なさをなじられ、それに対して「なんであなたはコラボしてきたんですか!?」と詰問し、視聴者女性が黙ったところで「ボケ!」と言い放った堤下。一般人を論破して悦に入っている姿はまさに、芸人として醜態と言わざるを得ないだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
5
太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”