芸能

鈴木京香 ドラマ監督もアキレた「女帝化」現場

20151126a

 大物になればなるほどその「取り扱い」が難しくなるのが、女優というプライドの高い人たちだ。鈴木京香(47)もその部類に入るようで、撮影現場では「女王様」ぶりを全開。驚きの言動を連発しているというのだが‥‥。

「来春、ちょうど番組改編期にオンエアする予定の2時間ドラマがあるんですが、その撮影現場が大変なことになったんです」

 こう言って顔をしかめるのは、このドラマを放送する民放局の関係者である。作家・湊かなえ氏の小説をドラマ化したもので、3本のドラマをオムニバスで流すのだという。3作品ともに主演、監督が異なり、そのうちの1本の主演として鈴木が選ばれたのだった。

 鈴木といえば、NHK大河ほか数々のドラマや映画に出演するなど、大女優の地位を築いたベテランである。だがこの関係者は、

「今回のドラマ撮影を担当することになった監督は『ババ』を引いてしまった。まったく、気の毒としか言いようがありません」

 と嘆いて、その理由を次のように説明するのだ。

「共演者の1人が染谷将太(23)だったのですが、1人2役を演じるということで、監督はフケメイクを施すことにしました。ところが鈴木に『それはおかしい』とクレームをつけられたのです」

 いったい何が気に入らなかったのかわからないが、大女優のクレームはさらに続き、それはキャスティングにも及んだという。尾美としのり(49)を出演させようとしたところ、なぜか「そんな人はダメ」と、鈴木からNGが出たのだ。ドラマ関係者が憤る。

「鈴木は台本を読んで、『この役は誰がやるんですか』と監督に聞き、それが尾美だと知ると、『それはおかしいじゃないですか』と言ったそうです。普通、いくら主演だといっても、一女優がキャスティングに口出しするなどということはありえない。監督なりプロデューサーなりキャスティングディレクターなりが決めるものでしょう。おかしいのは彼女のほうですよ。過去に尾美と何かあったのかどうかは知りませんが、年上の先輩俳優にダメ出しするとは。尾美は鈴木に拒否されたことは知らないと思いますが‥‥」

 この撮影ではさまざまなことについて、鈴木にお伺いを立てないとコトが進まない状況だったようで、監督は「こんなことがあるなんて信じられない」と、驚きと怒りをあらわにしていたという。

 鈴木のこうした「女王様」ぶりは、監督の間ではつとに知られた話のようで、さるベテラン監督も最近、鈴木を起用したドラマの撮影を行った際に、

「かねがねそういう噂は聞いていた。『女ヒトラー』だとね‥‥」

 と苦笑したのだとか。とはいえ、

「俺の時は大丈夫だった」

 と「女王様」炸裂の被害を受けることなく、胸をなで下ろしたものだった。

 ドラマ業界関係者が言う。

「女王様だの女ヒトラーだの、そのような噂が立っているだけでも、女優としての活動の幅を狭めることにつながりますよね。いってみれば、この業界では、彼女は『踏み絵』みたいなもの。いかに鈴木の要求をさばき、突っぱねることができるか。彼女と組むことによって、映画監督たちが『修業』することになるわけですが‥‥」

 先の2時間ドラマ監督も鈴木の越権暴走で「修業」を経験したわけだが、

「結局、いろいろな妥協案を出して、鈴木を納得させることに成功した」(前出・局関係者)

 現場での評判はさんざんだが、女優としての鈴木の評価は高いようで、

「いっそのこと、高飛車な女王様役でも演じれば、実像そのものでハマるんじゃないですか。これまで脱ぐようで脱がなかったし、今後はその辺を全開にしてほしいですね」(映画関係者)

「素」の演技で新境地なるか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
池江璃花子「白血病パニック」のドミノ倒し波紋(1)そっけなく「頑張りなさい」
2
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
3
ドケチでおなじみの嵐・二宮がまさかの金欠を告白!その理由とは?
4
本気のオトコ探し?ブルゾンちえみの肌着姿に「女感じる」興奮コメント殺到
5
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃