芸能

素顔は意外と野心家?キスマイ北山と関ジャニ大倉の知られざるもう一つの顔

20151126kissmy

 菜々緒の悪女役がなにかと話題のドラマ「サイレーン」(フジテレビ系)だが、その脇で存在感を見せているのが、主人公・里見偲(松坂桃李)のライバルで、仏頂面の通称“チビデカ”を演じるKis-My-Ft2・北山宏光だ。

 北山といえば、言わずと知れたキスマイの最年長であり、リーダー。MCに長けたSMAP・中居正広を目標にしていることを語っていたが、実はまめに連絡を取り合って食事をしたり、二人でテーマパークに行くほど仲がいいのは、意外にも関ジャニ∞の大倉忠義だという。

「嵐と同世代であるほど歳の離れたキスマイと? と思われがちだが、大倉は関ジャニのなかでは最年少で、キスマイ最年長の北山とは1985年生まれの同い年。デビュー時期こそ差がありますが、ジュニア時代からかなりの時間を共に過ごしてきた仲なんです」(芸能記者)

 そんな二人の馴れ初めを、北山は自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「ナニキタ」(ニッポン放送)のなかで話している。

「初めての出会いは06年の舞台『滝沢演舞城』。東京に出てきたばかりで友達もいなく一人寂しそうにしていた大倉に、北山が声をかけたのがキッカケだったそうです。その日から舞台のあった1週間、二人は毎日ともに食事をしたほど急接近したんだとか」(芸能ライター)

 このエピソードを話した当日もまた、北山は大倉と会っていたというから、その親密ぶりはホンモノだ。

「大倉も雑誌のインタビューで、北山のことを『あの当時は運良く俺はデビューさせてもらえたけど、あいつはデビューまで長かった。でも、一切辞めるとか自分の状況への愚痴がなかったところがすごい』と話し、大倉にとってもキスマイのデビューは感慨深いものがあったことを語っています」(前出・芸能ライター)

 二人は今でも雑誌「WiNK UP」(ワニブックス)の伝言板コーナーでやり取りをしており、その様子を互いのファンも微笑ましく見守っているそうだ。

 大倉はかつて北山に「野心家同士がんばろうな」と、あまり知られることのない互いの素顔について語っていたが、切磋琢磨しながら野望に向かってともに成長していこうと言い合う仲は、まさに同世代の“良きライバル”といった関係なのかもしれない。

(琴葉)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
4
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!
5
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!