芸能

観客がまさかの塩対応!?映画「劇場霊」大コケにささやかれる3つの呪い

20151129gekijourei

 お正月大作公開前の映画閑散期といわれる10~11月だが、先日の3連休には邦画を中心にアニメや恋愛モノ、そして話題のホラー作品が公開された。

 興収的には低レベルの争いだったものの、みごと週末1位をゲットしたのは、主演の西内まりやがテレビ局ジャックとばかりに各局に顔を出し宣伝しまくっていたラブストーリー「レインツリーの国」(興収約1億2000万円)。一方で、期待されながら7位に撃沈してしまったのが、「リング」の中田秀夫監督で島崎遥香が主演したJホラー「劇場霊」だ。

 Jホラーの巨匠が監督し、劇場やチラシなどの事前告知も申し分なく、急性胃腸炎ながら新宿での舞台挨拶に強行出陣した島崎遥香の意気込みも報道されるなど、ヒットの要素は多分にあったのだが、フタを開ければ「劇場霊」はかなりの大コケとなってしまった。週刊誌映画担当編集者が検証する。

「原因はいくつか挙げられると思いますが、中田秀夫監督で元AKB48の前田敦子が主演した『クロユリ団地』(13年)もその1つといっていい。あの作品はむしろ予想外のヒットとなり興収10億円を達成しましたが、肝心の中身は映画サイトのレビューを見ればわかるとおり、酷評の嵐です。あれで中田監督とアイドルの組み合わせに見切りをつけてしまった人が少なくなかった。それと“キャッチコピー”の『「女優霊」から20年』もマズかった。中田監督の出世作となった『女優霊』は、ホラーファンから『リング』以上の評価を受けている作品。あのレベルの怖さを期待した人たちから『劇場霊』にはガッカリしたという声を多数聞きました。そしてなにより、一番の敗因は公開時期。クリスマスも間近、西内主演の恋愛モノが1位になる時期にカップルや女性客をホラー映画に呼ぶのは難しい。せめてハロウィン直前あたりの公開ならばもう少しヒットは望めたと思います」

 島崎遥香はじめ、足立梨花や高田里穂ら女優陣の評判は悪くないだけに、世間の“塩対応”には関係者も無念のかぎりだろう。

(山中はじめ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
村上宗隆もヒヤリ!ヤクルト歓喜のビールかけで田口麗斗が絶叫した「禁断のセリフ」