芸能

「サイレーン」の視聴率がダダ下がりなのは“あの要素”が足りないから?

20151126seiren

 ドラマ「サイレーン」(フジテレビ系)の視聴率が急落を見せている。11月24日に放送された第6話では、前回から1%以上も少ない7.3%に下落。第2話の6.3%こそ上回ったものの、その第2話は75分も放送時間が繰り下がったことによるイレギュラーな数字なので、第6話では実質的に最低視聴率をマークしたことになる。

 一方で同作品では、菜々緒が演じる悪女・カラの冷酷さに注目が集まるなど、ドラマとしての評価は悪くない。その状況で視聴率が下落した理由としてテレビ誌のライターは“ある要素”が欠けていることを指摘する。

「それはズバリ、お色気です。放送開始当初は、木村文乃が演じる猪熊刑事が主人公の松坂桃李とベッドで戯れたり、薄着でスカッシュをプレーするといったシーンが目立っていたのですが、この数話ではカッチリしたスーツ姿ばかり。犯人役の菜々緒も美人ですが、男性視聴者を惹きつけるセクシーさはあまり感じさせません。お色気要員の佐野ひなこやAKB48入山杏奈も露出度が少なく、全体的にシリアス度を高めすぎている感じがします。少しは『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)を見習ってもいいのではないでしょうか」

 その「掟上今日子の備忘録」では11月21日放送の第7話にて、新垣結衣が演じるヒロイン今日子のシャワーシーンを公開。新垣史上、最高のセクシーシーンと話題になり、3話連続で下落していた視聴率が1.7%増のV字回復を果たしていた。テレビ誌ライターが続ける。

「今回の『掟上今日子~』ではシャワーシーンに至る前半でも、新垣の可愛い表情をこれでもかと投入。チャンネルサーフィンをしていた視聴者も『おっ、可愛い!』と見入ったはずです。なんだかんだ言って、ドラマのヒロインは男性視聴者に注目されてナンボのもの。それなら『サイレーン』の木村も、写真集を発売したほどの美貌を惜しげなく披露すべきではないでしょうか」

 ちなみに公式サイトで公開されている第7話のあらすじは、木村の演じる猪熊刑事が地下室で監禁されるというもの。イスに縛り付けられている画像が公開されているが、ここはロープを胸元に食い込ませるくらいの思いっきりを見せてほしいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”
2
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
後藤真希、写真集オフショット動画に男性スタッフが「布面積が少ない」驚愕!
5
NHK桑子真帆、光沢ブラウスでユサユサ!「バスト強調」加速でフリー転身説が再浮上