芸能

「サイレーン」の視聴率がダダ下がりなのは“あの要素”が足りないから?

20151126seiren

 ドラマ「サイレーン」(フジテレビ系)の視聴率が急落を見せている。11月24日に放送された第6話では、前回から1%以上も少ない7.3%に下落。第2話の6.3%こそ上回ったものの、その第2話は75分も放送時間が繰り下がったことによるイレギュラーな数字なので、第6話では実質的に最低視聴率をマークしたことになる。

 一方で同作品では、菜々緒が演じる悪女・カラの冷酷さに注目が集まるなど、ドラマとしての評価は悪くない。その状況で視聴率が下落した理由としてテレビ誌のライターは“ある要素”が欠けていることを指摘する。

「それはズバリ、お色気です。放送開始当初は、木村文乃が演じる猪熊刑事が主人公の松坂桃李とベッドで戯れたり、薄着でスカッシュをプレーするといったシーンが目立っていたのですが、この数話ではカッチリしたスーツ姿ばかり。犯人役の菜々緒も美人ですが、男性視聴者を惹きつけるセクシーさはあまり感じさせません。お色気要員の佐野ひなこやAKB48入山杏奈も露出度が少なく、全体的にシリアス度を高めすぎている感じがします。少しは『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)を見習ってもいいのではないでしょうか」

 その「掟上今日子の備忘録」では11月21日放送の第7話にて、新垣結衣が演じるヒロイン今日子のシャワーシーンを公開。新垣史上、最高のセクシーシーンと話題になり、3話連続で下落していた視聴率が1.7%増のV字回復を果たしていた。テレビ誌ライターが続ける。

「今回の『掟上今日子~』ではシャワーシーンに至る前半でも、新垣の可愛い表情をこれでもかと投入。チャンネルサーフィンをしていた視聴者も『おっ、可愛い!』と見入ったはずです。なんだかんだ言って、ドラマのヒロインは男性視聴者に注目されてナンボのもの。それなら『サイレーン』の木村も、写真集を発売したほどの美貌を惜しげなく披露すべきではないでしょうか」

 ちなみに公式サイトで公開されている第7話のあらすじは、木村の演じる猪熊刑事が地下室で監禁されるというもの。イスに縛り付けられている画像が公開されているが、ここはロープを胸元に食い込ませるくらいの思いっきりを見せてほしいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」