芸能

「クロ現」に続きフジも放送禁止用語!謝罪ナシの「アンビリバボー」な場面とは?

20151207housoukinshi-2

 3日に放送されたNHK「クローズアップ現代」で、評論家の立花隆氏が放送禁止用語を発言し、国谷裕子キャスターが謝罪する一幕があり話題になった。

 その数十分後、フジテレビの「奇跡体験!アンビリバボー」でも同様の事故が起こっていた。この日の放送内容は、1人息子を通り魔に殺されたことをきっかけに、犯罪被害者給付金制度成立のために奔走した市瀬朝一さんと妻・みゆきさんの人生を振り返るというもの。

 その再現ドラマの中で事故は起こった。朝一さんの台詞の中で放送禁止用語が発せられたのだ。当時は災害などの被災者などに対する給付はあったが、犯罪被害者やその遺族に対する支援がなかった。それについて再現ドラマの中で「こんな制度は○○○◯◯じゃないか!」と憤慨するシーンで使われたのだ。

 番組を観ていた芸能ジャーナリストは次のように話す。

「1960年代の出来事ですから、当時の朝一さんは禁止用語を言ったのかもしれません。ですが、再現ドラマなんだから言葉を言い換えれば済むことです。しかも、注釈や謝罪のテロップもなかった。いったいフジテレビのチェック体制はどうなっているのと言わざるを得ない」

 このところ視聴率が低迷し何かと話題になるフジテレビだが、コンプライアンスそのものを見直す必要がありそうだ。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
2
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
3
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ
4
大江麻理子、プリンプリン桃型ヒップと腰つきがヤバイ!“フェロモン爆発度”
5
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」