芸能

板野友美、小島瑠璃子の天狗状態暴露も「立場逆転が痛々しくて笑えない」

20151211itano

 AKB48のOGで篠田麻里子と並ぶ迷走ぶりが話題の板野友美。今年一年を振り返っても、たまに表舞台に出てきたかと思えば、「巨大バストがしぼんだ」「顔がまた変わった」など、ネットのネタ提供のようなマイナスな話題ばかりに終始した。

 来年には初主演映画「のぞきめ」が公開予定だが、たいした実績も残していない板野の謎の大抜擢に、同作が所属事務所であるホリプロ制作の作品のため、「精一杯の救済策では?」との声も上がるなど、ずいぶん肩身が狭い思いをしているようだ。

 そして、つい先日にも板野の残念な立ち地位が露呈するような出来事があった。現場は12月1日、表参道イルミネーションの点灯式でのこと。板野は事務所の後輩である小島瑠璃子とともに出席した。2人は14年に放送されていた板野の初の冠レギュラー番組「板野パイセンっ!!」(TBS系)で共演しており、プライベートでも親しい関係だったというのだが‥‥。

「板野はイベント内のフリートークで、先日LINEで小島から食事の誘いを受け、その返信で小島の都合のいい日程を尋ねたものの、既読スルーされたというエピソードを披露。板野は『昔は謙虚に返してくれてたのに変わっちゃった』と冗談交じりで話していましたが、本当に立場が逆転しているから笑えませんでした。小島は風邪をひいたと言い訳していたが、以前は謙虚に返していたということですから、板野をずいぶん下に見ているとしか思えませんね。それを暴露した板野も何か溜まっていたものがあったのではないでしょうか」(週刊誌記者)

 このやり取りを聞いたネット民からは「こじるりも性格悪いね」「板野は鼻をへし折られ、小島は天狗状態か(笑)」「もはやこじるりのバーターだから文句は言えまい」など、複雑な声が聞こえている。

 とはいえ、現在の板野が“超売れっ子”の小島に対して先輩の威厳を取り戻すには、主演映画の大ヒットぐらいしか持ちカードがないことも事実。この序列はしばらく続きそうな気配だ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
5
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?