芸能

美女ワイド「春の嵐」再接近(2) 宮崎あおい 女優生命危機 「不倫混浴」の代償 (2) 温泉に〈また一緒に入ろうね〉

 宮崎と岡田は昨年、今秋公開予定の映画「天地明察」(角川書店、松竹)の撮影で共演していた。
「2人は08年に公開された『陰日向に咲く』(東宝)でも共演していて、昨年は再会という形でした。夏の撮影だったので、時期的に宮崎が高岡のツイッター騒動を相談しているうちに仲よくなったのでしょうか。いずれにせよ、岡田は宮崎と高岡の結婚式にも出席している間柄だっただけに、高岡の怒りも半端ではなかったと想像できます」(前出・スポーツ紙デスク)
 話を戻そう。高岡は岡田の携帯を取り上げ、宮崎とのメールのやり取りを調べた。すると、岡田から〈今温泉に来てるよ〉という送信を受けた宮崎が〈私も行きたい。また一緒に入ろうね〉などと返信する様子がわかったというのだ。〈また――〉の文言は、すでに2人で温泉に出かけ、「不倫混浴」をした過去があったことを認めるものである。
「この事実に激高した高岡がさらに詰め寄ると、岡田は『坊主にします』とか、『芸能界をやめます』といった言葉まで口にしたそうです」(前出・芸能記者)
 とはいえ、こうした報道がテレビのワイドショーはもちろん、多方面で後追いされることはなかった。
 これで、高岡がツイッターで冒頭のように書き込んだ内容も理解できよう。
 宮崎に、とんでもない不貞を働く「淫ら妻」の烙印を押したも同然である。
 くしくも宮崎は離婚した12月28日当日、映画賞の授賞式に出席し、この醜聞報道に過敏反応をするかのように、こんなやり取りをしていた。
「芸能界に妙なしがらみもない司会の露木茂さんがサービス精神を出して、宮崎に対し、『皆さんは薬指の指輪のことが気になりますが』と切り出したんです。離婚についての話であり、岡田の名前を出したわけでもないのに、宮崎は苦笑いするだけで無視した。授賞式後、宮崎サイドは主催者や露木さんに激怒していたといいますが、スキャンダル対策に不慣れなため、怒りをあらわにすることしかできなかったようです」(芸能プロ関係者)
 一方の当事者である、岡田の所属事務所・ジャニーズが、各メディアに対して持つ多大な影響力を背景として、スキャンダル対策にたけていたのとは対照的だったという。
「ジャニーズは『天地明察』の配給サイドに対し、PRの戦略について、夫婦役にもかかわらず『舞台挨拶などでも、とにかく2ショットはNG』と無理難題を突きつけていた。配給サイドは頭を抱えていましたね」(前出・芸能プロ関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談