芸能

レコ大ノミネートの西内まりや、「心からビックリ」はこっちのセリフだ!

20151216nisiuchi

 12月15日に行われた「第57回 輝く!日本レコード大賞」の記者会見にて、大賞候補でもある優秀作品賞を受賞した西内まりやが「自分で作った歌を歌わせてもらえるなんて、心からビックリ」とコメント。この言葉に対してネット民からは、「ビックリしているのはこっちのほうだ!」との批判があがっている。芸能ライターが解説する。

「今回の対象となった曲は西内が自分で作詞作曲した『ありがとうForever…』ですが、同曲はオリコン10位に過ぎず、大賞どころか優秀作品賞の一つに選ばれたことすら不思議です。そもそも西内が昨年、レコ大の最優秀新人賞に選ばれたこと自体、どれくらいの人が覚えているんでしょうかね」

 ちなみに他の優秀作品賞10曲のうち、きゃりーぱみゅぱみゅの「もんだいガール」など7曲はオリコンで一桁順位を記録。その他の曲も三山ひろしの「お岩木山」は通算10万枚を超すロングセラーで、水森かおりの「大和路の恋」は演歌・歌謡シングルチャートで通算6回の週間1位に輝くなど、選出にふさわしい実績となっている。

 唯一の例外は週間ランキングで11位に終わった「私以外私じゃないの」のゲスの極み乙女。だが、彼らはそもそもシングルではなくアルバムで勝負するタイプ。横浜アリーナを満員にしたうえに紅白歌合戦にも出場するなど、実績面では文句なしだ。それゆえに、西内のノミネートが唐突に見えるのもしょうがないのである。

「女優業では7月クールの主演ドラマ『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)が大コケし、その後は出演がありません。映画も今年は『レインツリーの国』のみで、女優としての活動が少ない状況です。一方で歌手としてもツアーを行うわけでもなく、単発のライブに出演するのみ。いま何に打ち込んでいるのかが見えない状況ですね」(前出・芸能ライター)

 そんな西内はレコ大の記者会見で、「精力的に音楽活動もさせていただきました」と語っていた。だが、印象に残る活動と言えば、一日警察署長や福岡マラソンの大会アンバサダーなど、音楽とは関係のない仕事ばかり。ここはひとつ腰を据えて音楽に打ち込んでみてはいかがだろうか。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察