芸能

突破口はオードリー若林!フジテレビを救うのは芸人のフリートークしかない!?

20151220wakabayashi

 ゴールデンタイムの週間視聴率でテレビ東京に抜かれ、民放キー局最下位に転落したフジテレビ。社内の士気も下がっているという同局を救うのは、お笑い芸人のフリートークにあると指摘するのは、テレビ誌のライターだ。

「いまフジテレビで最も面白い番組の一つが『人生のパイセンTV』です。『ヨルタモリ』の後釜として始まった時は、期間限定の中継ぎ番組とさえ言われていましたが、MCを務めるオードリー若林正恭とベッキーのフリートークが冴えわたっています。取材対象にぐいぐい切り込むVTRも観ていて冷や冷やするほどで、黄金時代のフジテレビのようだと話題です」

 若林が「カンペが2枚しかなくて慌てた」と語るほど、自由さにあふれている同番組。このほかにも、ミュージシャンのレキシをMCに据えた『アフロの変』や、バカリズム×バナナマンの掛け合いで魅せる『そんなバカなマン』など、深夜帯に注目番組が集まっているという。これらの番組に共通しているのは芸人のトークがメインであることと、番組内で流すVTRの充実ぶりだ。テレビ誌のライターが続ける。

「芸人のトークに頼るのは簡単そうですが、番組のコンセプトが明確でないと成立しないので、実はリスクが高いんです。また出来のいいVTRは、綿密な下調べと入念な取材の賜物。なんでも安易に済ませる風潮の中、ちゃんと汗を流して番組を作っている姿勢が伝わってきますね」

 最近の報道によると、芸人のトークさえも台本でギチギチに縛り、アドリブの余地を許さない番組作りに明石家さんまが怒りを示したという話も伝わっている。台本を作り込むのは大変な作業のようだが、冒険を恐れる制作サイドにとっては想定外の事態を抑え込めるので、結果的に楽をできる面もある。そんな台本頼りの番組制作が、フジテレビらしさを失う理由の一つだったのかもしれない。

「だからこそ深夜帯とは言えど、自由な雰囲気にあふれた番組が増えていることには期待が持てます。これらの番組を安易にゴールデンに格上げせず、じっくりと育てる度量があるかどうかが試されている時期ですね」(前出・テレビ誌ライター)

 ふらふらと方向が定まらないフジテレビゆえ、これらの深夜番組を安易につぶしてしまわないことを祈るのみだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!