スポーツ

特別インタビュー“青山学院大・原晋監督”「ハッピー指数大作戦で箱根を連覇する!」(3)神野については「安心してください」と断言

201512310107ff

 全日本の敗因として、エース神野が万全でなかったことは大きかった。アンカーの神野にタスキが渡るまでは若干の誤算があったものの、ほぼ想定していた範囲内で進んでいたからだ。故障明けの神野について、

「ちゃんと仕上げた状態で臨んだ」

 と原監督が言うように、5000メートルでは自己ベストに相当する記録で走れるほど調子を戻していた。だが、

「最後の調整で一気に疲れが出てしまい、思うようなパフォーマンスが発揮できなかった」

 と、本来の実力からは程遠いパフォーマンスしか見せられなかったのだ。

 全日本のあとも予定していた記録会を回避するなど、「山の神」の現況は決して万全な状態ではないが、

「脚の状態を見ながら、慎重に箱根駅伝に向けて状態を上げている」

「山の神」の動向は他校の指揮官も気になるようだ。

「神野君がどういうレースをするかで、レース全体が変わってくる」

 これは12月10日に行われた箱根駅伝監督トークバトルでの、東洋大・酒井俊幸監督の言葉だ。ライバル校の監督にそう言わしめるほど、今回の箱根駅伝ではレースの行方を左右するキーマンとなる。かつて東洋大も「山の神」柏原竜二(現・富士通)という上りのスペシャリストを擁したが、その柏原も大学3年時に不調にあえいだことがある。だが、箱根駅伝ではしっかり区間賞の活躍を見せ、

「調子が悪くても、上りが強い選手はやっぱり強い」

 とは、酒井監督が身をもって感じたことだ。それだけに、神野が本調子ではないとわかっていても、ライバル校は決して警戒を解くことができない様子。先のトークバトルでは、神野の調子を問われた原監督が、

「安心してください。走りますから」

 と笑顔で断言。そして、

「前回は『山の神』神野大地で楽をさせてもらいました。神野の大記録で、復路は観察車の中でニヤニヤしながら余裕をもってゴールさせてもらいましたが、前回以上の記録は望めそうにない。1時間20分を軸に1分半上がるか、逆に1分半落ちるかというところ」

 ちなみに前回の箱根駅伝で、神野は5区23.2キロを1時間16分15秒で走破している。原監督が想定する1時間20分は約4分も遅いが、それでも区間3~4位に相当するタイム。確かにこれでは神野で絶対的なアドバンテージを築くことは難しい。しかし5区を「無難に」乗り切ることさえできれば、神野に頼らずとも優勝できるだけの力が、今の青学大にはあるのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
5
クロちゃんのアイドルプロデュース企画に「最高すぎる!」ファン大絶賛のワケ