芸能

田宮二郎の妻“没後38年目の初激白”(6)「ドラマ<白い巨塔>にかける田宮の思い」

20160121j

「今の田宮の体を見れば一目でわかると思います。別人でしょ? ウチは休ませたいんですよ」

 幸子夫人は、田宮が「スター千一夜」の司会を担当した頃から世話になったプロデューサーに懇願した。夫人のあずかり知らぬところで、田宮とフジテレビに新たな契約が生まれたのだという。

 そこで夫人は、フジテレビと喧嘩別れせずに新たなドラマの依頼を断る“大人の条件”を出した。

「作品は『白い巨塔』であること。1本あたりのギャラは、TBS時代よりも破格に上積みしてあること。66年の映画版と同じ豪華キャストであること。さらに、田宮企画の代表である私をプロデューサーに入れること」

 欲をかいたわけではない。これだけ厳しい条件ならフジは撤退するだろうと考えたのである。

 ところが、田宮獲得に燃えるフジは、すべての条件を飲んだ。

 長期休暇のもくろみが外れた夫人は、自身がプロデューサーという案からは降りたが、あとになって後悔した。やはり、田宮を最後まで間近で監視すべきだったと思った。

 また、田宮の「白い巨塔」にかける思いも看過できなかった。65年に文化放送のラジオドラマで主役の財前五郎を演じ、翌年の映画版でも大きな評判を取った。

 原作者の山崎豊子に自身の役作りプランを明かし、山崎から「財前はあなたにあげます」との言質も取っている。いわばライフワークの作品であり、映画版では前半部分しか描かれなかったのが、ついにドラマで完結まで描く機会が訪れたのである。

 それでも、と夫人は言う。

「本来ならばいい仕事のチャンスに恵まれたんでしょうけど、精神病を抱えて、心ここにあらずの状態ではやらせるべきではなかったと痛感しております」

 あれほど役作りにこだわり、台本におびただしく書き込みを加えていた田宮が、いざクランクインとなると別人のようだった。台本を目にするわけではなく、作品そのものを軽視する発言を繰り返した。

「今の医学界はこうじゃない。この『白い巨塔』はバカバカしい」

 それは田宮が躁状態に入り、万能感から発した言葉であった。もちろん、夫人もその状態を見過ごすわけにはいかず、斎藤茂太に相談して薬を服用させることにした。

「ただし、田宮がそのことを承知するはずがありません。そこで田宮の側近に相談して、こっそり食事に混ぜるようにしようとしました。ところが、その人が田宮にそのことを告げてしまったんです」

 こうしたことが契機となり、芸能界きってのおしどり夫婦であった2人は修羅の道に突き進んでいった。また「白い巨塔」の撮影も同時に、薄氷を踏むような日々となった──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美