芸能

深田恭子、ドラマ「ダメ恋」で主演もディーン・フジオカに食われ存在感なし!

20160117fukada

 深田恭子主演ドラマ「ダメな私に恋してください」(TBS系)がスタートした。同ドラマは「YOU」(集英社)に連載中の中原アヤ原作による同名人気コミック。深田演じる30歳の柴田ミチコは、彼氏なし、お金なし、仕事なしの3なしダメ女。そんなミチコを住み込みで働かせるドSな喫茶店マスター・黒沢歩をディーン・フジオカが演じる。

 フジオカといえば、現在放送中のNHK朝ドラ「あさが来た」で五代友厚を演じ、人気急上昇中だ。こちらのドラマでは1月22日放送で、五代は最期を迎えることから視聴者からは“五代ロス”なる声もあったが、新ドラマでは「ドSディーンさんとか興奮するー」「ディーン様人気スゴっ」「眼鏡のディーン・フジオカ様も素敵」と好評を得ている。

 フジオカはカタカナ使いと異国名の芸名から、ハーフもしくは帰国子女と思われがちだが、正真正銘日本生まれの日本育ち。生粋の日本人だ。英語が堪能なのは、高校を卒業後、アメリカに留学し、カレッジ卒業後はアジア諸国を巡っていた。そして、香港を拠点に雑誌や広告、ファッションショーなどでモデルとして芸能活動をスタートさせ、ヤンヤン・マク監督の映画「八月の物語」の主演に抜擢され俳優デビューした。ファンにとっては少々残念だが、2012年7月にインドネシア国籍の女性と結婚し男女双子のパパでもある。

「フジオカは英語、中国語、インドネシア語と語学も堪能。しかも俳優としてだけでなく監督としても評価されています。今後、どのような活動をするのかが楽しみな俳優です」(芸能ジャーナリスト)

「ダメ恋」のネット上での評判も、主演である深田ではなくフジオカに対するコメントが圧倒的。これにはすっかり“食われた”感のある深田だが、はたして主役の存在感を取り戻せるのか‥‥、早くも心配する声があがっている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス