芸能

実業家芸人・たむらけんじの次なる野望は作詞家? 政治家?

20160116tamuken

 芸人界随一の実業家と呼ばれるたむらけんじ。後輩芸人に「ギャグでは儲からない」と語る通り、芸人活動のかたわら「炭火焼肉たむら」やカフェの経営を行うなど、その手広いビジネス活動はレッキとした実業家だ。

「たむらは数年前から後輩芸人を連れて淡路島に行き、土地を物色。本人も『いつか淡路島にたむけん村を作りたい』と言っていたそうです」(テレビ誌記者)

 だが、そんなたむらが最近、注目しているビジネスがあるという。昨年の12月30日に放送された関西ローカル番組「八方・今田の楽屋ニュース」(朝日放送)では後輩芸人がその内幕を暴露する場面が放送された。

「たむらが狙っているのが作詞家業です。番組では『作詞で一発当てる』と言いながら後輩芸人に自分が書いた詞を読ませていることをバラされていました。しかし、その詞があまりにも『ファンキーモンキーベイビーズ』の詞に似ていると指摘され、早くもパクり疑惑が浮上していました」(前出・テレビ誌記者)

 作詞家業は遠い夢のようだ。しかし、たむらは以前、冗談ながらも「大阪市長に立候補したい」と発言し、大阪都構想の勉強会も開いたほど政治に対して関心を持っている。“お笑い百万票”と呼ばれる大阪だけに、有言実行の可能性も大いにあるのでは?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CMで見せた“まん丸お椀型Eバスト”躍動に垣間見える「覚悟」
2
小泉今日子「略奪愛&政治色」を払拭する「桃色ステージ」(1)復活に水を差す不貞の代償
3
元巨人スコアラーが明かした松井秀喜の「不器用」と高橋由伸「無冠」の理由
4
宇垣美里がガチで狙われていた?ピスタチオ小澤、嫁との交際を拒んだ仰天理由
5
人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(2)日テレ・市來玲奈と岩田絵里奈に不仲説?