芸能

ダウンタウンの番組が男性シンボルの名前を持つ一般女性をネタにし苦情殺到!

20160124matsumoto

 1月20日、バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で放送された企画に関して、視聴者から批判の声が上がっているという。

「この日、番組ではチン子さんという名前の人は存在するのかという疑問を、視聴者からの情報を元に調査するという企画を放送していました。しかし、本人に辿り着くまでに得た情報からのイメージ図が着衣なしの姿にモザイクだったり、テロップではチン子と呼び捨てにして表示するなど、悪意ある編集が目立っていました」(テレビ誌記者)

 番組ではスタッフが探していた名前の女性を見つけたものの、相手は施設に入居中のお年寄りで、現在は体調を崩しており、面会することは叶わなかった。その代わりに女性の息子が、インタビューに答える様子が流され、企画は終了した。

 だが、番組を観ていた視聴者からは、チン子さんに対する悪意のある編集に関して、「田舎のお年寄りだからってバカにしすぎ」「実在の人物でこの演出は悪質だ」「さすがに気分が悪い」という苦情がネットで殺到している。

 そんな同番組は、過去にも、様々な問題を起こしてきたという。

「『水曜日のダウンタウン』は過去、ギャラクシー賞を受賞するなど、業界内外からの支持が熱い番組です。しかし一線を越えてしまうことも珍しくなく、昨年も、新年から福袋調査に関して事実と反する内容を放送したり、ブックオフの客をバカにする構成を組むなどして、番組が謝罪する事態にまでなりました。今回の件も視聴者が騒ぎ出しており、BPO(放送倫理・番組向上機構)に伝えるという声もネットでは上がっているのです」(前出・テレビ誌記者)

 今年の4月で、番組開始から2年目へと突入する「水曜日のダウンタウン」。番組の熱烈なファンも多いだけに、このまま打ち切りということにならなければいいのだが。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
3
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
4
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
5
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!