芸能

ディーン・フジオカの忍者映画に海外で酷評の嵐!日本ではウケるのか?

20160206deanfujioka

 ディーン・フジオカのブレイクを受け、松竹が海外市場向けに制作した映画「NINJA THE MONSTER」の国内限定公開が決まった。忍者禁止令が発布された江戸時代、フジオカの演じる伝蔵は自らの正体を隠しつつ、江戸に向かう幸姫に同行。そんな一行の行く手を謎の怪物が阻むという海外向けらしい内容だが、プレミア上映を観た評論家や観客の評価はかなり低いようだ。映画ライターが説明する。

「海外から聞こえてくるのは失望の声ばかりです。『あなたのイメージする忍者は出てこない』というのはまだいいとして、『予算の少なさが透けて見える』や『戦闘シーンが少なすぎる』といった声に加え、『幸姫と伝蔵以外は登場人物の見分けがつかない』という意見もあります。ある映画専門サイトでは10点満点で1.6点という最低レベルの評価に甘んじていますね」

 幸姫を演じる森川葵は現在、ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)に出演中。彼女に関しては「ビューティフル!」という絶賛の声もある一方で、「お姫様らしく見えない」との評価もあるようだ。映画ライターが続ける。

「気になるのはフジオカに触れた映画評がほとんどないこと。『力強さのオーラに欠ける』という批判がある程度で、主役としての存在感が見えてこないのです。もっとも原因はフジオカの演技ではなく、脚本の問題かもしれませんね。フジオカ目当てで観に行く観客が多い日本では、違った声が聞こえてくるんじゃないでしょうか」

 ちなみに海外では「B級の忍者映画だと思えば十分面白い」という声もある。あまり肩ひじ張らず、フジオカと森川の演技を楽しむことに徹するのがよさそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
中川翔子が大変貌!?リモート出演で「誰だか分からん!」指摘も出た仰天事故
4
有吉弘行もウンナンに頭が上がらない?「電波少年」誕生の奇跡過ぎる経緯
5
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!