芸能

空気読めない、ガラ悪い…芸能記者も嘆くフジテレビ「制作スタッフの質の低下」

20160218fujitv

 このところ、視聴率ダダ下がりばかりが話題になるフジテレビ。かつては、視聴率3冠王として君臨していたが2011年、日本テレビにその座を奪われてからは、TBS、テレビ朝日にも抜かれ、今や「振り返ればテレビ東京」と揶揄されるほどに。なぜ、フジテレビはこうも凋落してしまったのだろうか?

 芸能記者は「ズバリ、制作スタッフの質の低下」と話す。

「例えば、芸能人の記者会見などで“触れてはいけない話題”というのが暗黙のうちにある。けれどもここ最近、フジの記者がそういう話題を持ち出したり、トンチンカンな質問をしつこくすることで、その場を凍りつかせ会見自体を台無しにすることがあるんです」

 また、テレビウオッチャーも昨今の制作スタッフのガラの悪さを指摘する。

「2015年12月9日放送の『世界の何だこれ!?ミステリー』のコーナー企画『ニッポン無人島ミステリー』でのディレクターのレポートがヒドかった。島の絶景ポイントで『見渡し良いですけど、何にもねぇよ』、『チクショー』とコメント。野生の牛を見ては『超デケェ。マジ、怖ぇ!』と、ずっとこんな調子。あまりにも言葉遣いがヒドイ」

 さらに、ロケ先で問題を起こすこともしばしばだ。

「夏休み期間、多くの観光客で賑わう初島で『おじゃMAP!!』のロケが行われたとき、路上駐車をして通行の邪魔をし、さらにはロケを知らない観光客が写真を撮ると、撮影をやめろと怒鳴ったことがネット上でも話題になりました。SNSが普及している今、こういうことはすぐに拡散されます。こうした態度が“視聴者離れ”の一因となることもある」(前出・テレビウオッチャー)

 崖っぷちのフジテレビは、こうした意見に耳を貸す余裕が果たしてあるのだろうか?

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
4
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然
5
ツッコミに激怒した?霜降り明星・粗品、新春生放送でベテラン芸人と一触即発!