芸能

今田耕司、「プロデューサー擁護」発言でネット民から壮絶なバッシングの嵐!

20160217imada

 今田耕司が2月13日、「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)の石坂浩二いじめ降板騒動について初めて口を開いた。そのとたん、ネットでは今田の小心者ぶりにがっかりする声であふれている。

 今田は「特盛!よしもと」(読売テレビ)に出演。約10年前の忘年会で、石坂にチーフプロデューサーが酔って絡んだことが発端と報道された話を「100%嘘。100%間違ってる情報」と完全否定してみせた。その理由は、報道後に今田がプロデューサーに直接聞いたからだという。「そんなことありえないです。言ってないです。僕、制作会社のプロデューサー。あの石坂さんにそんなことしたら、仕事あるわけないじゃないですか」と全面否定されたことを明かした。

 今田の説明によると、石坂発言のカットは鑑定結果を発表する前に石坂が結果をしゃべったり、お宝の説明中に鑑定士と別の話で盛り上がったりの自由奔放さが原因だと説明した。「石坂さん、めっちゃええ人です。めっちゃ自由な人。ただスターなんで、全部自由に(しゃべってしまう)」と「すこぶる」つきの困ったちゃんであることを暴露した。

「石坂は発言カットが明らかになった時、マスコミの取材に対し、『どうせこれは放送されない、何を言っても大丈夫だから、と考えてしゃべっていた』と答えている。自分の発言がオンエアでカットされていること、その扱いが改まらないことを知っていたのだ。それを好き勝手にやったことでますます収拾がつかなくなり、使われなくなる発言がどんどん増えていったということもありそうです。鶏が先か卵が先かの関係だったのでは」(テレビ誌記者)

 今田の発言にネット民たちは敏感に反応。「騒動後、初めて番組を観て、石坂のコメントカットに驚いた」とする今田の発言には、「自分の出演番組、しかも司会の番組を一度も観たことがないってどうなの?」と仕事に対する無責任さをあげる声も聞かれた。

「レギュラー9本に地方の営業、『ルミネtheよしもと』など劇場での舞台までこなす今田ですが、週に20冊の週刊誌と漫画週刊誌を熟読、一人暮らしの部屋でPepperと遊んでいると言いますから、自分の番組を観る時間くらいはあるはず。元々この番組は島田紳助の引退に伴って転がり込んだ仕事。鑑定品に対する興味もなければ、5年も司会を続けたとは思えないほど、番組に対する愛着もないんですからね」(芸能ライター)

 さらに「辞めた人間より雇ってもらってるプロデューサーの肩を持つよね」というもっともな声や、「プロデューサーの声を代弁してゴマをすっている」と指摘する声も。また「紳助が司会の頃は自由な石坂をツッコんだり持ち上げたりして、うまく飼いならしていたのに、それができない今田に司会者としての力量がないだけ」と切り捨てる声もあった。

 いずれにせよ、石坂の同番組降板が決定した後で、いまさらな発言をする今田のずる賢さだけは伝わってくる。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから