芸能

清原和博容疑者の「人生再生」後見人が絶縁告発!(1)PLの盟友・桑田真澄との“KKコンビ”復活を拒み…

20160225d

 ここ数年の清原容疑者は転がる石のように堕ちていった。それでも、人生のどん底でもがき苦しむ闇番長をサポートする後見人がいたのだが‥‥。その重要人物も「シャブ逮捕」の裏切りには憤怒し、絶縁を宣言した。

 14年3月に一部週刊誌で「薬物疑惑」を報じられた清原容疑者は、その半年後の9月に亜希夫人と正式に離婚。さらにスポンサーとの契約も更新できない苦境に陥っていた。

 しかし、どん底まで堕ちても清原容疑者は豪遊を続け、生活レベルを下げることができない。残された道はもはや芸能界に転身し、千万単位で稼ぐことが急務だったのだ。

 清原容疑者が頼ったのは、芸能界にも幅広く顔の利くP氏だった。

「俺のところに清原の話が来たのは一昨年12月。相談してきたのは、かつて清原と親密な関係にあった銀座のママだ。『キヨがテレビで干されて困っている。助けてほしい』と電話があった。さっそく年が明けた1月に清原と会食したが、清原は本当にお金に困っている様子だった。それで、芸能界で仕事を始めたいのなら薬物には絶対手を出してはいけないと釘を刺した。すると本人は『絶対にやりませんのでお願いします』と深々と頭を下げてきたんだ」(以下、クレジットのない発言はP氏)

 何より驚いたのは、清原容疑者の涙だったという。

「すでに離婚していたため、子供と自由に会えなくなったことをこぼしていた。また、広尾のマンションについては、『自分が稼いだ金で手に入れた人生の結晶だ。手放したくない』とメソメソ泣く。手や胸に入れ墨を入れるなど、『自分勝手なことをしているのだから自業自得だ』と言ってやったよ。結局、その家は2億円以上で売り払われたが、清原の部屋はあまりに汚れていて、まさに“ブタ箱”のようだった。補修費用だけで1000万円かかったと聞いている。さすがに奥さんも、清原がクスリを常用していたのは知っていただろうね」

 芸能界復帰に際してP氏が清原容疑者に提案したのは、PL学園時代の「KKコンビ」復活だった。

「疑惑があった以上、芸能界での仕事を再開するためには、人前でニコニコ笑顔を見せたり、頼まれればサインを書かなければならない。清原に、それが芸能人としての復帰につながるんだと話した。特に清原の場合には、PLの盟友・桑田真澄(47)と和解することが一番の社会復帰につながると説明したんだ。しかし、アイツは『それはイヤです』と拒否してきた」

 清原容疑者が簡単に首を縦に振らなかった背景には、もちろん85年、「運命のドラフト」という遺恨があったからに他ならない。

 スポーツライターが解説する。

「巨人が第一希望だった清原にとって、こっそり密約を交わして巨人入りした桑田は絶対に許せない相手だった。清原がFAで巨人に移籍した際にも結局は一緒に食事したのは一度きり。その後、引退してからテレビ番組でPLの同窓会が企画された時には『桑田が来るんだったら俺は出ない』とゴネて、結局、桑田は招待されなかった。12年にCMで奇跡的に共演してKKコンビが復活した時にも、裏では『一緒に並びたくない』と写真を撮られるのを嫌がっていた。遺恨は一生消えないでしょう」

 それでもP氏が本気で説得した末に、清原容疑者もどん底からはい上がるためになりふりかまっていられず首を縦に振ったという。しかし、肝心の桑田の事務所からOKが出ず、結局、KKコンビの復活は実現しなかったという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱