社会

“目からウロコ”の健康になる歩き方、病気になる歩き方(4)速歩きにフォームは関係なし

20160303p

 さて、ここまではメカニズムを紹介してきた。ただ、頭ではわかっていても、なかなか継続できないのも事実。そんな人にこそ勧めたいのが、「生活に取り込む」ことだという。

「いざウォーキングするぞ、というのではなく、買い物でも家の階段の上り下りでもいいんです。無意識に歩いた歩数の合計が8000になればいい。そう考えれば、無理なく続けられるはずです」

 ウォーキングするのに最も効果的な時間帯もある。

「我々は夜寝ている間に体温調節のため汗をかきますが、その量は一晩でおおよそ500ミリリットルと言われます。ですから朝起きた時、人間の体はカラカラの状態で、血液もドロドロです。そんな状態でいきなり運動したら、心疾患や脳梗塞のリスクが高くなることは明らか。その点、体が温まっている夕方はベストです」

 加えて、毎日の活動記録を「見える化」したり「一緒に頑張る仲間を作る」こともウォーキングを長続きさせるコツだという。

「速歩きする際、フォームは関係ありませんが、一つだけ気をつけたいのが、大股で歩くこと。それさえ意識すれば背筋も伸びますし、自然と腕が振れて膝も伸びていくはずです」

 青柳氏は現代の病について、こう話す。

「車がなかった時代は糖尿病予備軍なんて言葉はなかったでしょ。認知症も同じ。認知症予備軍なんて言葉ができていること自体、おかしなことなんです。そもそも健康作りというと何か特別なことをしなくてはいけないと考えがちなんですが、実は単純。年を取ってもきちんと新陳代謝をさせ、できるだけ若い時と同じように保っていけるよう、日常生活の中で刺激を与えてあげればいいんです。ただ、それが強すぎると逆効果になってしまうので、やりすぎないこと。それが重要なポイントです」

 青柳氏の持論は「病気をいかにして入り口で食い止めるか」ということだ。

「メタボから始まって糖尿になり、ほったらかしにしていた先が動脈硬化。で、それが脳卒中や心筋梗塞を呼び起こし、詰まる面積や場所によって認知症に発展します。ならば、それをどこかで食い止めることができれば一生涯、認知症にはならない。よく糖尿病の患者さんは認知症になりやすいと言われますが、これは当然のこと。そうならないためには、まずは生活の中に歩き方の黄金比を取り入れ、日常生活を改善させること。15年間5000人をしらみつぶしに調査していくことは本当に地味で泥臭い作業でしたが、導き出した数字はウソをつきません。『アサ芸』読者の皆さんも、今日からさっそく始めてみてはいかがですか」

 研究データによると、正しく歩いた人とそうでなかった人とは、病気になる率に10倍の開きがあったという。さぁ、歩くぞ!

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”
2
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
後藤真希、写真集オフショット動画に男性スタッフが「布面積が少ない」驚愕!
5
NHK桑子真帆、光沢ブラウスでユサユサ!「バスト強調」加速でフリー転身説が再浮上