芸能

桂文枝 20年不貞関係の“何を今さら”女性遍歴(1)お相手“紫艶”との関係が明るみになった理由

20160310e1st

 年始から休みなく発覚する「ゲス男女関係」騒動に、上方落語界の大御所も参戦。あらためて“師匠”を知る人に取材してみると、同時進行の下半身履歴が出るわ出るわ。「女は芸の肥やし」を体現した桂文枝師匠の一部始終をWEBオンエアといこう。

 お笑いでは相いれないとも言われる大阪と東京。だが、落語界の巨頭・桂文枝(72)への「ある評価」は、東西で一致している。

「師匠の女癖の悪さは昔から有名です。今回の騒動が発覚してから(所属する吉本興業の)芸人の間では『これまでに愛人は通算100人はいたんじゃないか』と話題になっています」(東京吉本興業の芸人)

 大阪の芸能関係者も、苦笑しながら言う。

「大阪のテレビ関係者には『お手つき』の女性はぎょうさんおりますよ。今までそのつど報道されへんかったのが不思議なほど。だから今回の騒動も別に驚かんし、『何を今さら』ですよ」

 双方があげる「今回の騒動」とは、写真誌「フライデー」が報じた演歌歌手・紫艶(38)と文枝との20年にわたる不倫疑惑。紫艶は00年に「Fカップ艶歌歌手」としてデビュー。12年にはヘアヌード写真集も発売して話題となった。

 発覚の発端は、紫艶がフェイスブックに文枝との交際写真を投稿したこと。海岸で腕を絡ませたり、ジェットスキー上で密着している様子から、いかに親密な関係かがわかる。中には紫艶の頭にキスをする文枝の写真までも──。また、〈貴方以外とは誰ともお付き合いしません。河村静也(編集部注:文枝の本名)〉と、文枝が書いたと思われる直筆の手紙の画像もあった。紫艶は「私が18歳の頃から交際しています。つきあってもう20年になります」と交際を認めるコメント。窮地に陥った文枝は「2年前の落語会以降は会っておらず、その前も10年か12年ほど会っていなかった」と慌てて釈明に大わらわ。

 だが、これに紫艶が反撃。

「少なくとも2カ月に一度は会っていた」とし、今年2月に交わされたLINE(携帯電話アプリ)の会話履歴を公表したのだ。そこには〈東京へ来たら連絡するから元気出して〉〈ひろりん(紫艶の本名を指す呼び名)会えるから〉などのやり取りが。つい最近まで「関係」があったことをうかがわせるものである。

 そもそも、紫艶はなぜ交際の証拠写真をネット上に掲載したのか。

「限られた友人にだけ公開するつもりが誤って出てしまった、と言っていますが、精神的に不安定だった紫艶と文枝との間でトラブルが起きていたようです。毎月の『お手当』の減額を提示されたとも‥‥。写真がネットに公開された直後、複数の週刊誌宛てに、謎の女性から2人の不倫を示唆する電話があったこともあり、何らかのトラブルがあったのは間違いないでしょう」(ベテラン芸能記者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
まさかのGカップに!浜崎あゆみの胸がV字回復していた
2
上戸彩、「絶対零度」月9で復活も過去に視聴者ブチギレさせた問題場面とは?
3
高橋真麻、Gカップ胸をテーブルに「置かせていただきました」写真の衝撃
4
吉高由里子と広瀬アリス、伊調と吉田…有名男女11組の最新ケンカが暴かれた!
5
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情