芸能

ザコシショウ優勝への猛批判が止まらない!次回「R‐1ぐらんぷり」消滅か?

20160310zakoshi

 お笑い界の“ひとり芸日本一”を決める「R‐1ぐらんぷり2016」決勝戦が6日、東京・台場のフジテレビで行われ、芸歴24年目のハリウッドザコシショウが王者を勝ち取った。

 今大会は過去最多3786人のピン芸人がエントリー。その頂点に立ったザコシショウは、ハイテンションでオーバーアクションのものまね芸などを武器に勝ち進み、優勝賞金500万円が手渡されると「よっしゃー」と雄叫び。まさに勢いに乗ったステージを魅せ、番組は締められたのだった。

 だが、あれほど会場を沸かせたにも関わらず、ザコシショウ優勝に対して「レベル低すぎ!」「まるで社員旅行の宴会芸」「会場だけの内輪ウケ」と、視聴者の反応は冷ややか。それどころかザコシショウを優勝させた審査員にまで批判の矛先は向けられ、ネット上は一時騒然となったのだった。

「これほど優勝を祝福されなかった芸人は、『R‐1ぐらんぷり』史上初めてでしょう。松本人志もツイッターで指摘したとおり、今大会はネタの出来不出来ではなくキャラクターの押しの強さで勝敗が決まってしまった。スタジオ観覧者とテレビ視聴者との温度差が乖離してしまったのもこれが原因です」(エンタメ誌ライター)

 ネット上でマツモトクラブやおいでやす小田の評価が高い理由もここにある。視聴者は新キャラの登場を期待していたのではなく、完成度の高いネタを見たかっただけなのだ。

「新キャラの発掘なら深夜のネタ番組で十分。ピン芸人の“頂点”を決める唯一の番組を謳うならば、それにふさわしい技量を持った芸人たちの真っ向勝負の“ネタ合戦”を見せてもらいたかった。このままでは“R‐1不要論”の声はますます拡大し、番組の存続に関わる事態になりかねません」(テレビウォッチャー)

 今大会で14回を迎えた歴史ある「R‐1ぐらんぷり」。ザコシショウ優勝の波紋で番組自体が消滅してしまえば、歴代王者も悲しむことになりかねない。現在、ザコシショウの元には仕事の依頼が殺到しているというが、これだけ視聴者から総スカンをくらったなかで「R‐1特需」はいつまで続くのだろうか。

(佐藤マコト)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、ジャージ着用でバスト隠しに「残念!」の声続々
2
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
3
石田ゆり子「すっぴん」動画で指摘され始めた“奇跡の50歳”の限界
4
木下優樹菜、夫以外の若い男性との密着公開で「こんな奥さん無理」批判の嵐!
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声