芸能

ザコシショウ優勝への猛批判が止まらない!次回「R‐1ぐらんぷり」消滅か?

20160310zakoshi

 お笑い界の“ひとり芸日本一”を決める「R‐1ぐらんぷり2016」決勝戦が6日、東京・台場のフジテレビで行われ、芸歴24年目のハリウッドザコシショウが王者を勝ち取った。

 今大会は過去最多3786人のピン芸人がエントリー。その頂点に立ったザコシショウは、ハイテンションでオーバーアクションのものまね芸などを武器に勝ち進み、優勝賞金500万円が手渡されると「よっしゃー」と雄叫び。まさに勢いに乗ったステージを魅せ、番組は締められたのだった。

 だが、あれほど会場を沸かせたにも関わらず、ザコシショウ優勝に対して「レベル低すぎ!」「まるで社員旅行の宴会芸」「会場だけの内輪ウケ」と、視聴者の反応は冷ややか。それどころかザコシショウを優勝させた審査員にまで批判の矛先は向けられ、ネット上は一時騒然となったのだった。

「これほど優勝を祝福されなかった芸人は、『R‐1ぐらんぷり』史上初めてでしょう。松本人志もツイッターで指摘したとおり、今大会はネタの出来不出来ではなくキャラクターの押しの強さで勝敗が決まってしまった。スタジオ観覧者とテレビ視聴者との温度差が乖離してしまったのもこれが原因です」(エンタメ誌ライター)

 ネット上でマツモトクラブやおいでやす小田の評価が高い理由もここにある。視聴者は新キャラの登場を期待していたのではなく、完成度の高いネタを見たかっただけなのだ。

「新キャラの発掘なら深夜のネタ番組で十分。ピン芸人の“頂点”を決める唯一の番組を謳うならば、それにふさわしい技量を持った芸人たちの真っ向勝負の“ネタ合戦”を見せてもらいたかった。このままでは“R‐1不要論”の声はますます拡大し、番組の存続に関わる事態になりかねません」(テレビウォッチャー)

 今大会で14回を迎えた歴史ある「R‐1ぐらんぷり」。ザコシショウ優勝の波紋で番組自体が消滅してしまえば、歴代王者も悲しむことになりかねない。現在、ザコシショウの元には仕事の依頼が殺到しているというが、これだけ視聴者から総スカンをくらったなかで「R‐1特需」はいつまで続くのだろうか。

(佐藤マコト)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
坂口杏里、“顔だけなら坂道グループにいそう”自画自賛発言にネット民猛反発