芸能

韓国に怒られるぞ!オリラジ「PERFECT HUMAN」はあの世界的ヒット曲のパクリ!?

20160322oriraji

 オリエンタルラジオの歌ネタ「PERFECT HUMAN」が「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)などのTV出演効果で、「完成度が高い」「クセになる」「ダンスも凄い」など、ここに来て楽曲人気がさらに上昇。一時は消える芸人候補にも挙げられていたオリラジだが、再ブレイクとなったことで、本人たちも「ネタを突き詰めると歌になる」と、まんざらでもない様子だ。

 ところが、予想以上に評価が高まったことで、楽曲の発表当時にも一部でささやかれた疑惑が再燃している。音楽ライターが言う。

「1分ほど聞いて『あっ、パクったな』と思いました。聴く人が聴けば一発でわかりますが、韓国人アーティストPSYが世界中で大ヒットさせた『江南(カンナム)スタイル』と酷似しています。Bメロからコーラスにかけては、まんま使ったのではないでしょうか。違いといえば、流行のEDMを意識してかサウンドがハード調でアッパー度が増していることぐらい。でも初めて聴いた時は、お笑い芸人がパロディをやっているのだろうと苦笑いした程度でしたが、まるでオリジナルのアイデアのように絶賛されていることには違和感を持ちます。『江南~』は2012年に世界14カ国で1位になりましたが、日本は嫌韓ブームの真っ只中だったこともあり、世界で最も『江南~』を無視していました。あの曲を知らない人が多いのをいいことに知らん顔で拝借したのだとしたら、ちょっとあざといですね。金儲け主義の音楽業界でも守るべきルールはありますから」

 音楽関係者によれば、「PERFECT~」のようなクラブミュージックは大なり小なり、DJやミュージシャンが過去の楽曲のネタをどう上手く使うかでセンスが決まる闘いなのだという。しかも、使用するアーティストからの影響力を語ったり、聴いたファンが掘り下げたりなど、埋もれた楽曲やミュージシャンをリスペクトする作業でもあるのだとか。

「ブレイクで浮ついているのか、オリラジの場合は一向にそういう素振りがないことに嫌悪感を覚えます。しかも、プロなら嘲笑ものの『大ネタ使い』(自分のセンスで選んだ埋もれた楽曲ではなく、世界中で知られている安全なヒット曲を恥ずかしげもなく使うこと)ですからね。このブレイクに乗じてアルバムまでリリースするようですし、紅白なんて声も出ていますが、韓国方面から指を差されないように気をつけたほうがよさそうです」(前出・音楽ライター)

 一部からは同じく韓国のアーティスト、BIGBANGの楽曲「FANTASTIC BABY」にも似ているという声も上がっているが、「くだらない歌ネタのラッスンゴレライに聞かせたい」「さすがオリラジはセンスが違う」「こんな中毒性のある凄い曲は初めて」など、何も知らずに絶賛している人にとっては、それもどうでもいいことなのだろうか?

(金子良太)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西野カナの休養宣言で芸能界に広がっている「意外な風評被害」とは!?
2
中居正広、2番組打ち切り報道で急浮上した「ポスト中居の意外ジャニタレ」
3
松本人志・三又又三「絶縁騒動」に続きあの“電撃”芸人にも金銭トラブルが
4
藤原紀香、広末涼子…今年前半は芸能人夫婦の“改元離婚”ラッシュが起きる?
5
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!