芸能

私みたいになるな!しくじりアイドルの「大汚点」(7)回収された小倉優子のやばすぎるポスター

20160504shikujirig

 男は女のカラダが見たい生き物である。そして女は、そう簡単には見せてくれない‥‥。そのハードルを少しだけ下げたばっかりに、終生、言われ続ける映像が存在した。

 中山美穂を時代のトップアイドルに押し上げた85年のデビュードラマ「毎度おさわがせします」は、あらゆる意味で伝説だ。中学生でランジェリー姿は当たり前、セリフも「お前、タッてんじゃねえのか」と過激。さらに木村一八の手を胸に当て「見たい?」と迫った。

「当時、中学生だったミポリンがバストトップにニプレスを貼ってランジェリーを脱ぐなど、その演出はまだ放送倫理がおおらかな時代ならではのものでした。再放送時にはヤバめのシーンが根こそぎカットされています」(芸能記者)

 03年、よみうりランドというファミリー向けの施設なのに、ポスターの小倉優子が発するのは、「こんなにビショビショ~」だの「1日3回もなんて…もう許してぇぇ!」だの、明らかに公序良俗違反。ポスターは即座に回収されている。

“癒し系”としてブレイクした安めぐみの原点は伝説の深夜番組「トゥナイト2」。

「デビュー間もない頃にピンク店のレポーターをしていました。水着姿のままデッキブラシで全身をこすられたり、犬に股間の匂いを激しくかがれて襲われそうになったり(笑)」(芸能ライター)

 また、「めぇ」や「めめたん」といった、浸透しなかった本人推奨のニックネームも“しくじり”の一つだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
5
クロちゃんのアイドルプロデュース企画に「最高すぎる!」ファン大絶賛のワケ