芸能

私みたいになるな!しくじりアイドルの「大汚点」(14)沢尻エリカ、M‐1を目指した「お笑いコンビ」時代

20160507shikujirin

 何かと世間を騒がせた時代もあった沢尻エリカには、本気で「お笑いコンビ」を組んでいた時代が存在した。

「あまり仕事がなかった03年、親友のグラドル・福愛美と組んでお笑いコンビ『あみ→ご』を結成。エリカ様は『そっちの手ぶらかい!』などのツッコミを担当していた。本人は『いろんな雑誌に企画を出しているんです』と意外にヤル気があったようですが、目標のM‐1出場は果たせず自然消滅しています」(アイドル誌ライター)

 99年にデビューし、1億円かけて売り出すも壮絶にコケたのが、上戸彩が所属していたアイドルグループ「Z‐1」。

「20世紀最後(Z)に1番を取ると意味のグループ名でした。3作目のシングル『BaKKAみたい!!』がタイトルの問題でNHKの放送自粛になるなど成果は残せず、宣伝費につぎ込まれた1億円は回収できないまま、上戸のソロ活動重視で解散となりました」(芸能ライター)

 福山雅治を射止めた吹石一恵は、芸能界で1、2を争うナイスボディの持ち主。ところが致命的な欠点があった。

「バラエティ番組でデビューシングル『セピアの夏のフォトグラフ』を流された時のこと。視聴者からは一斉に『やめてぇ~』の大合唱。広瀬香美プロデュースの力の入った楽曲でしたが、吹石の歌唱力がひどすぎて撃沈し、歌手活動もこの1枚でジ・エンドとなっています」(前出・芸能ライター)

 皆、よくぞここまで伸し上がったものである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然
5
テレ朝・安藤萌々、2年目で見せ始めた“Dバスト”の「本領発揮」!