芸能

芸能美女たちの“年下誘惑現場”を一斉調査!(1)吉田羊はあのスキャンダルで…

20160428s

 大正初期、女性解放運動家の平塚らいてうは、寵愛していた5歳年下の恋人を「若いツバメ」と呼び、当時の流行語にもなった。それから100年余り、“羊”が20も年齢が離れたツバメを喰らうニッポンの芸能界。暖かくなってムラムラが抑えられなくなったオトナの美女の年下喰い現場を全暴露する!

「その日も中島らしき男性と一緒でした。野菜中心のメニューを頼んでいたんですが、お酒が入るうちにだんだんと“肉食系”に豹変。さりげなくボディタッチしていたかと思えば、店を出る頃には相手の男に腕を回して『今夜は逃がさないわよ』と合図を送っているようでした。2月上旬のことです」

 地元住民によってこんな“発情サイン”がキャッチされたのは、「週刊ポスト」(4月22日号)で20歳下の人気男性アイドル喰いをスッパ抜かれた吉田羊(推定42)。その吉田のマンションに「7連泊」したという、羨ましすぎるお相手が人気グループ「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔(22)だ。13年放送のドラマ「半沢直樹」(TBS系)で、堺雅人の部下役を務めたこともあるイケメンだが、芸能関係者がこう明かす。

「中島はみずからを『マザコン』と称するほどの年上好き。一方の吉田も今年に入って放送されたトーク番組で、『8歳年下の男性とつきあったことがある』と告白していました。実は吉田は売れない頃に『半沢直樹』にチョイ役で出ていて、2人が知り合った頃、昔の“半沢話”で盛り上がり、親密な関係になるまで時間はかからなかったそうです」

 デートを重ねる2人の姿は都内で頻繁に目撃されていた。

「今年初め頃から世田谷のネオン街で若い男性と飲み歩く姿が幾度となく目撃されていましたが、いつもマスクとサングラスで変装して、相手男性と話す時も終始、小声だったそうです。本名と芸名が似ていて、サインをするとすぐにバレてしまうので、吉田はカードを使わずにいつも現金で会計をしていました」(女性誌記者)

 吉田がそこまで警戒していたのは、お相手の所属事務所に怖い“羊”がいたからだ。

「熱愛報道を知った副社長の“メリーさん”の逆鱗に触れ、2人はすぐに別れさせられたようです。中島には謹慎などの厳しい処分が下されてもおかしくなかったのですが、中島はメリー副社長の娘で、同じく副社長の藤島ジュリー氏の大のお気に入り。そのため、軽い注意だけで済んでいます」(前出・芸能関係者)

 一方の吉田だが、ジャニーズ喰いの代償は高くつきそうだ。

「契約している12社のCMについて、今のところ降板などの話はありません。しかし今後、ジャニーズ所属タレントとの共演がNGになる可能性が高く、ドラマ出演のオファーが激減するかもしれません」(前出・芸能関係者)

 ジャニーズ喰いといえば、06年に亀梨和也との熱愛が発覚した小泉今日子(50)も。吉田と同様、20も年が離れた亀梨を自宅マンションに頻繁に招き入れていた。

「亀梨は周囲に『あの時は結婚するつもりだった』と語るなど、いまだに小泉との件を引きずっている様子。それほど小泉との夜が忘れられないのでしょう」(芸能プロ幹部)

 小泉といえば男勝りの大酒豪として知られ、現在も若い俳優陣から「姉御」と慕われている。そんな小泉の近況を探ると、

「新宿2丁目でたびたび目撃されています。先日も、あるバーで意気投合した客らしき男性と一緒に店を出て、夜の闇に消えていきました」(目撃者男性)

 アラフィフとは思えない美貌で男に不自由することはなさそうである。

 小泉の飲み友で、女優の水川あさみ(32)もジャニーズタレントが大好物だ。

「10年ほど前、嵐の相葉雅紀(33)との交際が発覚した際は、ファンから剃刀入りの脅迫状が送られてきた。事務所が注意しても、水川は聞く耳を持たずに、今度は同じグループの二宮和也(32)に手を出した前科がある。現在も、メンバーのほとんどが全員年下のジャニーズジュニアの面々が出席する飲み会に、積極的に参加しているようです」(前出・芸能プロ幹部)

 ここまでくると、もはや手がつけられない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!