社会

天才テリー伊藤対談「蓮池透」(4)横田めぐみさんは重要なポイント!?

20160519q

テリー もし仮に、安倍さんがもう一度、拉致問題解決に向けて動くとするじゃないですか。すると必ず北朝鮮は「じゃあ、その代わりに何をくれるんだ?」と言ってきますよね。

蓮池 そうですね、見返りは絶対必要になります。

テリー ホントは、誘拐犯人に見返りなんて必要ないんだけどね(苦笑)。これは本に書いてありますけど、蓮池さんとしては、拉致された人1人につき10億円を払ってでも帰国させたいと。

蓮池 「あらゆる手段を尽くす」と言うのであれば、極端な話、そういう方法もありますということです。今、政府が認定している拉致被害者は12人ですから、約120億円を支払うことになります。

テリー でも、現状としては、それはちょっと難しいですよね。

蓮池 ええ、例えば北朝鮮に経済支援をして、それがインフラ整備に使われたとしても、「新たな軍備や核実験につながるぞ」という見方は確かにあります。それをいちばん言ってくるのはアメリカですけれどね。

テリー 韓国もですね。

蓮池 ODAという形でやるしかないのかなとは思いますけど、今どき北朝鮮に何億、何兆も渡すことを国民が支持するかと言われると、これはやはりハードルが高いですね。

テリー あと、これは本にも書いてありますけど、拉致問題の象徴的な存在である横田(めぐみ)さんが帰って来ないという結果も考えられるじゃないですか。そうすると、日本は「戦後補償も渡しているのにどうなってるんだ」「そんなことは許さんぞ」という空気になりますよね。これは今後の重要なポイントになると思うんですよ。

蓮池 間違いなく、そうですね。

テリー しかも、弟さんが帰って来てからもう10年以上たっているわけで、さらにめぐみさんを帰国させる状況は厳しくなっているわけですよ。

蓮池 そうなんです。12人の中でいちばん若い横田さんでも51歳で、もうお孫さんもいらっしゃるんですよ。他の人だって60歳前後になっている。この状態が続けば、彼らは二度と日本の土を踏むことができなくなってしまう。もう時間との戦いになっているんです。

テリー 文字どおりの崖っぷちですね。

蓮池 だから、効果のない経済制裁ばかりやって、交渉のチャンネルが切れてしまっている今の状況が、歯がゆくてたまらないんです。

テリー たぶん安倍さんだけじゃなくて、誰が総理大臣になってもそうなんだろうけど、今、拉致問題の解決が日本の国益の優先順位の上位に来ていない。だからこそ、蓮池さんはそんな状況が悔しいんですよね。

蓮池 私は別にいろんな人を批判することで、憂さを晴らしたいわけじゃありません。少しでも問題提起になればと思っているだけです。経済制裁措置を行うと、だいたい3、4年は拉致問題が棚上げされちゃいますから。

テリー 今日、蓮池さんと話して、あらためて感じたけど、日本はアメリカとか韓国なんか気にしないで、北朝鮮と拉致問題を話していいね。

蓮池 そうだと思いますよ、本来、日朝の固有の問題ですから。いつ「日本と交渉しても意味ないよ」って金正恩氏が言いださないか、そこが本当に怖い。だから一刻も早く、解決に向けて知恵をしぼってほしいです。

◆テリーからひと言

 タイトルは過激だけど、きちんとしたことが書いてあるこの本、ぜひ読んでみてください。蓮池さんの言葉に、あらためて耳を傾けてほしいな。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
3
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!