社会

「中国人犯罪」最前線をチャイニーズマフィア元幹部が激白!(3)富裕層に向けたある“サービス”

20160526p3rd

 中国の富裕層に人気がある日本人女性もシノギのネタだ。あっち系の女優やモデルの卵を起用した「肉弾接待」が花盛りだという。

「要は来日する中国人セレブにそうした女優を斡旋する仕事。都市伝説などではなく、現実にあります。以前は俺もやっていましたけど、誰もそれ自体がビジネスとは考えていません」(趙氏)

 ある程度名が知れた有名女優ならば、一晩で手にするギャラの相場は20万円だというが、

「日本の女の子やブローカーはカネを手にして喜びますが、俺たちの目的は違う。大陸にいる金持ちとの絆を深めるためにやっていました。彼らに日本の“特産品”であるAV女優を貢ぐことで人脈を開拓して、大陸でのビジネスチャンスにつなげるのが狙いなんです」(前出・趙氏)

 日本の違法風俗の現場でも中国マフィアが暗躍している。趙氏は大阪のある地域を例にあげて、こう明かすのだ。

「ほんの数年前まではさびれたシャッター街でしたが、今や100軒以上の中国系ガールズバーが立ち並んでいます。これは、中国のある“ファミリー”が、空き店舗の権利を現ナマでまとめて買いあさり、在日中国人向けの新聞などに広告を打って、オーナーを募った結果です。出店希望者に開業資金を貸しつけることもあったようです」

 こう聞くと真っ当な不動産ビジネスに見えるが、店舗の営業形態はきわめてクロに近いという。

「そこで働く中国人ホステスの大半は留学生で、資格外活動許可を得ていない不法就労者ですよ。中には堂々と店内で売春を斡旋する店もあって、そうした違法店のケツを持つのも中国の一家。家賃に上乗せする形で、ミカジメを徴収しているという話です」(前出・趙氏)

 中国人女性の不法就労と聞いて思い起こすのが、かつて横行していた「偽装結婚」だ。高額な報酬につられ、犯罪の片棒を担ぐ日本人男性があとを絶たなかった。

「今でも多少のニーズはあるようです」

 とは関西在住のジャーナリスト。続けて驚きの国際結婚事情の内幕を明かす。

「ある行政書士の事務所は、『1週間以内に結婚相手を見つける』というフレコミで、中国人女性の間でも話題になっていました。偽装結婚の報酬として年間100万円以上受け取っていた日本人男性を取材したことがありますが、今ではせいぜい20万円程度。入国管理局の監視が厳しいため、一つ屋根の下で暮らすものの、セックスはNGで生殺し状態。バックにいるマフィアが怖くて離婚もできないそうです」

 最後に、趙氏は気になることをつぶやいた。

「ヤクザの抗争で今後、音が鳴る(発砲事件が起きる)としたら、実行部隊は中国人かもしれません」

 重大犯罪の厳罰化で身動きが取れなくなった暴力団員に代わって、中国マフィアのメンバーがヤクザの「暴力装置」として機能するはずだと趙氏は推測する。

「ヤクザ組織と水面下で“人材交流”を進めているマフィアグループはかなりの数に上る。彼らにしても、ただ利用されるだけではない。この機に乗じて、裏社会の利権に食い込もうと必死なんですよ」

 水面下で爆増の兆しを見せる中国人犯罪。今後はさらなる警戒が必要のようだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
W杯直前にフジテレビがまたしても“非国民的”失態やらかしネット大荒れ!
2
桐谷美玲、「三浦翔平が交際宣言」よりも祝福した“劇的な顔面変化”!
3
キムタク新ドラマ「星降るレストラン」の役柄に世間は「もう飽きた」の声
4
「おい!フジテレビ」指原莉乃、AKB48選抜総選挙スピーチ中のCM寸断に苦言
5
「レッドカードな女」の即刻退場バトル(2)満島ひかりがクドカン舞台を降板した理由