社会

「中国人犯罪」最前線をチャイニーズマフィア元幹部が激白!(3)富裕層に向けたある“サービス”

20160526p3rd

 中国の富裕層に人気がある日本人女性もシノギのネタだ。あっち系の女優やモデルの卵を起用した「肉弾接待」が花盛りだという。

「要は来日する中国人セレブにそうした女優を斡旋する仕事。都市伝説などではなく、現実にあります。以前は俺もやっていましたけど、誰もそれ自体がビジネスとは考えていません」(趙氏)

 ある程度名が知れた有名女優ならば、一晩で手にするギャラの相場は20万円だというが、

「日本の女の子やブローカーはカネを手にして喜びますが、俺たちの目的は違う。大陸にいる金持ちとの絆を深めるためにやっていました。彼らに日本の“特産品”であるAV女優を貢ぐことで人脈を開拓して、大陸でのビジネスチャンスにつなげるのが狙いなんです」(前出・趙氏)

 日本の違法風俗の現場でも中国マフィアが暗躍している。趙氏は大阪のある地域を例にあげて、こう明かすのだ。

「ほんの数年前まではさびれたシャッター街でしたが、今や100軒以上の中国系ガールズバーが立ち並んでいます。これは、中国のある“ファミリー”が、空き店舗の権利を現ナマでまとめて買いあさり、在日中国人向けの新聞などに広告を打って、オーナーを募った結果です。出店希望者に開業資金を貸しつけることもあったようです」

 こう聞くと真っ当な不動産ビジネスに見えるが、店舗の営業形態はきわめてクロに近いという。

「そこで働く中国人ホステスの大半は留学生で、資格外活動許可を得ていない不法就労者ですよ。中には堂々と店内で売春を斡旋する店もあって、そうした違法店のケツを持つのも中国の一家。家賃に上乗せする形で、ミカジメを徴収しているという話です」(前出・趙氏)

 中国人女性の不法就労と聞いて思い起こすのが、かつて横行していた「偽装結婚」だ。高額な報酬につられ、犯罪の片棒を担ぐ日本人男性があとを絶たなかった。

「今でも多少のニーズはあるようです」

 とは関西在住のジャーナリスト。続けて驚きの国際結婚事情の内幕を明かす。

「ある行政書士の事務所は、『1週間以内に結婚相手を見つける』というフレコミで、中国人女性の間でも話題になっていました。偽装結婚の報酬として年間100万円以上受け取っていた日本人男性を取材したことがありますが、今ではせいぜい20万円程度。入国管理局の監視が厳しいため、一つ屋根の下で暮らすものの、セックスはNGで生殺し状態。バックにいるマフィアが怖くて離婚もできないそうです」

 最後に、趙氏は気になることをつぶやいた。

「ヤクザの抗争で今後、音が鳴る(発砲事件が起きる)としたら、実行部隊は中国人かもしれません」

 重大犯罪の厳罰化で身動きが取れなくなった暴力団員に代わって、中国マフィアのメンバーがヤクザの「暴力装置」として機能するはずだと趙氏は推測する。

「ヤクザ組織と水面下で“人材交流”を進めているマフィアグループはかなりの数に上る。彼らにしても、ただ利用されるだけではない。この機に乗じて、裏社会の利権に食い込もうと必死なんですよ」

 水面下で爆増の兆しを見せる中国人犯罪。今後はさらなる警戒が必要のようだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
「富士山噴火」が危ない伊豆諸島「ベヨネース列岩」の不気味な海面変色
4
挨拶したのに…上沼恵美子がガン無視激怒した宮迫博之の「顔面イジリ」
5
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング