芸能

「ブサブサ」佐野ひなこの“劣化”が戻っているかが次の「月9」成功の鍵!?

20160524sano

 7月スタートの「月9」ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ系)に、モデルでタレントの佐野ひなこが出演することが決まった。演技の評価が高くない桐谷美玲が主演の中、「棒演技」と評される佐野の追加に、「大爆死決定」の声が続出しているという。週刊誌記者が語る。

「歌手の大原櫻子さんも出演することが決まりましたが、2人は2年前に放送された『水球ヤンキース』(フジテレビ系)でも共演しています。今作のプロデューサーの藤野良太さんや、演出の宮木正悟さんは『水球ヤンキース』を担当しているので、その繋がりからの起用でしょうね。佐野さんは昨年7月期のドラマ『デスノート』(日本テレビ系)で弥海砂というアイドルの役を演じましたが、ネットでは演技力の低さと見た目から、以来、弥海砂の愛称『ミサミサ』をもじって『ブサブサ』と呼ばれています」

「好きな人がいること」は、主演の桐谷のほか、相手役の山崎賢人、さらに三浦翔平、野村周平といった出演者が「4角関係」を展開するドラマだという。テレビ関係者が語る。

「恋愛に絡む人数が多いぶん、きちんと見せるには演技力が必要になります。ですが、この中にお世辞にも上手い人はいません。強いて言うなら野村さんですが、彼は毎回どこか暗い演技になりますからね。今作で殻を破って欲しいです。ただ、見た目は皆さん素晴らしく、それも恋愛ドラマでは重要な要素です。佐野さんも『ブサブサ』以前は『美少女』と評判でした。せめて見た目の劣化が戻ってくれれば、ドラマに華を添えられると思いますよ。演技は、出演が決まっている吉田鋼太郎さんに引き締めてもらいましょう」

 業界では、「吉田鋼太郎か吉田羊がいれば作品が締まる」という意味の「吉田頼み」という言葉がある。『恋仲』での吉田羊のように、今作もどうやら「吉田頼み」になりそうだ。

(長谷部葵)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
2
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
3
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
4
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”
5
“デキ婚”とは言わせない!サラブレッドハンター滝川クリステルの威光ぶり