芸能

ニッポンの夏を彩った「平成のキャンギャル」(下)トンデモコピーで小倉優子ポスターが回収騒ぎ!

 季節の風物詩として男たちを歓喜させた「真夏のキャンギャル」というグラビア界の登竜門。ここから大女優に成長した逸材も多いが、同時に、平成30年間のトレンドを知る鏡でもある。その貴重な歴史をここに振り返る!

      *

 21世紀のキャンギャル界は、残念ながら航空会社の撤退など、企業の数は減ってしまった。それでも、90年代後半から過熱したグラビアブームと連携しながら、新たな局面を迎えることになる。では、新世紀のニューヒロインは誰が飛び出したのか? 04年に安田美沙子(サントリー)、06年に山岸舞彩(東レ)、07年に木下優樹菜(三愛)、そして09年に佐々木希(パルコ)と個性的な顔ぶれが並ぶ。

「残念ながら20世紀の時代ほどCMスポットも少なく、またキャンギャル=水着ではないケースも増えたため、印象には残りにくくなった。03年によみうりランドのキャンギャルを務めた小倉優子のコピーは『こんなにビショビショ』や『1日3回もなんて』と過激だったことからポスター回収騒動に発展。山岸舞彩は『サンデースポーツ』や『ニュースZERO』の美人キャスターとして活躍しましたが、出発点は美脚をフルに発揮した06年の東レキャンギャルだったことはあまり知られていません」(芸能記者)

 同時期に「ビジュアルクィーン」や「日テレジェニック」などグラドルの登竜門であったミスコンの多くが消滅してしまい、キャンギャルも絶滅危惧種になってしまうのかという懸念もあった。

「ただ、10年代においても菜々緒(10年、三愛)や久松郁実(14年、三愛)、朝比奈彩(15年、三愛)や佐野ひなこ(16年、パルコ)が名を連ねており、芸能界の登竜門としての機能は健在。特に、佐野はGカップの張りも申し分ないですが、51センチのウエストが際立ち、ポスターは即盗まれるレベルでした。現在、わずかに残ったキャンギャルは『三愛』と『東レ』くらいですが、新時代にどんなスターが誕生するのか楽しみです」(前出・芸能記者)

 ニッポンが誇る“文化”として、これからも夏を熱くさせてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
3
田村淳から有吉弘行にバトンタッチ!M-1芸人の壁ナメネタでナイス連携
4
太川陽介のバス対決旅最新回が早くも登場!Zチームと禁断の対決を望む声が!
5
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…