芸能

国分太一の“悪癖”「女子アナいじり」が見られるのもあとわずか!?

 剛力彩芽とZOZO前澤友作社長、石原さとみとSHOWROOM前田裕二社長。有名美女がIT企業の社長と浮名を流す時代、次に名乗りを上げたのが女子アナ界からTBS古谷有美アナだった。

 相手はスマホ決済サービスを行うIT企業「Origami」の康井義貴社長。去る4月23日発売の写真誌に京都での手つなぎデートが写真誌に報じられた。当日、古谷アナがレギュラー出演する「ビビット」での言動に注目が集まる中、あろうことか、その禁を破ったのは司会の国分太一だった。

 TBS関係者が証言する。

「古谷アナが担当するコーナーで、日本マイクロソフト社が週休3日制を試験的に導入するというニュースを読み上げると、何を思ったのか、司会の国分が折り紙で鶴を折り始め、『ITといえば古谷さんの方がお詳しいでしょう?』と半ば強引に古谷アナへのイジリを開始した。ところが古谷アナには『私の方がうまく折れます』とスパッと切り返されていました」

 IT企業の話題で無理やり古谷アナのスキャンダルをヤユする強引すぎるイジリにスタジオ内には失笑の声が響いていた。

「実は、国分の古谷アナイジリは今回だけではない。古谷アナがラジオ番組に寝坊したことが話題になった時も、古谷アナのVTRに無理やり寝坊ネタを被せていた。本人は旬なネタでおもしろいと思ったのかもしれないが、ビビッとはまったくきませんでしたね。実は番組は視聴率がいっこうに上向かないため、秋にも刷新が噂されている。わずか1年で終了した『いっぷく』から『ビビット』にリニューアルした際に司会の国分が降板しなかったのがTBSの七不思議と言われているが、キャスターとして成長しない国分に今回こそ引導が渡されるのは間違いないでしょう」(前出・TBS関係者)

 TBSの朝の顔、国分の“折り紙付き”の女子アナいじりが見られるのもあとわずかか!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
3
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
4
緊急通報!森昌子の「薬物中毒」入院大騒動で始まった「離婚劇」の場外乱闘/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス