政治

舛添要一都知事 公金流用よりひどい「下半身公私混同」を調査!(1)女性秘書へのある言動が…

20160616w

 政治とカネの疑惑にまみれた都知事に、下半身の「公私混同」疑惑が浮上した。そこで「第三者の厳しい目」で詳しく調べてみたところ、都知事にふさしくない品格が続々と明るみに。みずからの立場を利用しての暴走行為の数々に、ブーイングが続出しているのである。

 公金流用問題で連日、厳しい追及を受け続ける舛添要一都知事(67)。騒動の発端となった、ぜいたく三昧の海外出張をはじめ、公用車での別荘通い、公金での家族旅行や趣味の絵画購入など、今やネット上では「舛添ケチジ」なるアダ名が浸透するありさまだ。

 疑惑発覚後、釈明の場となっている定例会見では、報道陣から何を聞かれても、「全力で精査します」「第三者の厳しい目で調べてもらう」と同じ言葉を繰り返し、怒りと失笑を買った。

 6月1日に開会した都議会での所信表明演説でも、舛添氏は疑惑の具体的な説明を一切せず、「深く反省している」「申し訳ありません」を繰り返す対応に終始した。この演説では、今後の海外出張時にホテルのスイートルームや飛行機のファーストクラスを使わないことを明言したものの、手元の原稿を棒読みするだけ。議場には野党と傍聴席の都民による「ふざけるな!」「早く辞めろ!」などという罵声が飛び交った。

 元妻である片山さつき参院議員からも「この人に品性のある政治など無理」とまで酷評されている舛添氏だが、

「その品性は『政治とカネ』だけでなく『下半身』にも如実に表れています」

 と指摘するのは、舛添氏を知るジャーナリストだ。その一つを、舛添氏と古くから交遊がある、さる金融業者の関係者が明かす。

「最初の都知事選に出馬する少し前の99年、舛添さんは選挙資金が足りなくて困っていました。で、『金を貸してほしい』と。確か、1億円ぐらいだったように思います。『当選した暁にはきちんと返します』と言っていました」

 ちなみに、この時の都知事選に無所属で立候補した舛添氏は落選したが、01年には参議院議員選挙に自民党公認候補として出馬し、比例区で当選している。

 この金融業者は、その後も舛添氏と交遊を深めるうち、必然的に舛添氏の秘書とも親しくなっていった。舛添氏が秘書を伴って会いに来ることがたびたびあったからである。先の金融業者関係者が明かす。

「あれは05年前後のことだったか‥‥舛添さんが自民党参院議員時代のことです。仕事で都内のホテルの部屋にいたところ、舛添さんの秘書が突然、駆け込んできたんです。そして部屋に入るなり、『私、もう秘書を辞めたいと思うんです』と言う。いったいどうしたのかと聞くと、彼女は自分の身に起きたことを告白し始めました」

 この関係者によれば、舛添氏と同世代の彼女の嘆きは次のようなものだった。

「舛添はとにかくセックスが大好きで、口グセが『1回ヤラせろ!』なんです。私の顔を見るたびに『ヤラせろ、ヤラせろ』と言う。あんまりしつこいから1回ヤラせれば気が済むだろうと思って、1回だけ応じたんです。そしたらSMセックスを強要されて‥‥。いきなり体を縄で縛られたので、驚きました。もうアザだらけになって、なかなか痕が取れません。だいたい、そういう趣味があるなんて知らなかったですから。それで舛添とトラブルになったんです」

 みずからを支える秘書を欲望のはけ口として利用するという、まさしく公私混同。しかもこの時、舛添氏は3度目の結婚をしていた。不倫SMセックスのボスに嫌気が差していたこの女性秘書は、程なくして退職したという。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(下)結婚で明石家さんま芸能界引退!?
2
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
3
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
4
木下優樹菜がまた男に触らせてる!旦那無視のインスタ投稿は「ヤンキーの業」?
5
“若い時から”の声も… 工藤静香、「シワが増えるわ」の自虐発言に暴言の嵐