芸能

主演の福山雅治が“3番手”に見えた?止まらなかった「ラヴソング」の迷走

20160615lovesongb

 やはり手術は成功だった! 月9ドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)の最終回ではヒロイン・さくらの喉頭がん手術が成功し、歌い続けられる状態に復活した。さくらのファンもさぞ安心したはずだが、その展開は2週間前からすでに予想されていたのである。

 本サイトの6月1日付の記事では「さくらの患部摘出手術が成功して健康も声も失われない可能性は100%かもしれません」と予想。そんな名推理を見せたテレビ誌のライターが浮かない顔でこぼす。

「予想が当たってホッとはしましたが、嬉しくはないですね。自分でも『あり得ないほどのご都合主義』と指摘した通りの展開になったわけで、そんな安っぽいドラマを見せられるのは一視聴者として哀しさすら感じます。さくらの手術が失敗してほしかったのではなく、簡単に予想できるような拙い脚本に呆れているのです」

 そんな脚本の拙さには、音楽関係者の目から見てもガッカリするものがあったようだ。音楽ライターが耳打ちする。

「恋人を伴ってストリートで歌い続けるさくらの姿で物語は締めくくられましたが、神代(福山雅治)への恋心が叶わなかったからプロへの道を捨てただなんて、世のギター女子をバカにしていませんか? せめて、神代を見返そうと必死にプロを目指す姿を描くべきだったと思います。これではギター女子として活躍する藤原さくらの魅力すらスポイルしかねません」

 視聴率もストーリーも最後まで迷走を続けた「ラヴソング」。あまりの迷走ぶりに、もはや主演の福山が3番手くらいにしか見えないという逆転現象すら、誰も気にしなくなっていたようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
2
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!
3
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
4
松本人志が「バス旅番組」にモノ申す!「蛭子・太川を越えられない」で変わる勢力図
5
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線