芸能

女優が封印した「生涯ただ1度の濡れ場」を厳選発掘(4)意外なお宝編・あの今井美樹も…

20160623j

 まさか、あの豪快な女優に濡れ場があったとは思いもしなかった! あのジャズシンガーに、あの外国人朝ドラヒロインに、知られざる「濡れ場の過去」が存在するのだ。

 高倉健が生涯で唯一と言っていいカラミを見せたのが、75年公開の「神戸国際ギャング」(東映)である。向き合った絵沢萠子の顔に雑誌を乗せ、腰だけを動かす奇妙な濡れ場である。

 同作品ではさらに、レアな場面があった。あの泉ピン子(68)が菅原文太を相手に、後にも先にも1度きりのカラミを見せているのだ。病院のベッドの上で、赤いシュミーズ姿のまま、文太を相手によがり声を上げる。

「ええわ、ハッピーやわ。あんたこれ、真珠がなんぼ入っとるんや?」

「4つや」

 何ともエロティックな会話をする“ピン子の映画デビュー”であった。

 美人ジャズシンガーの草分けである阿川泰子(64)は、もともとは文学座に所属した女優。チョイ役ながらいくつかの映画に出演しており、吸血鬼を題材にした「血を吸う薔薇」(74年、東宝)にも女学生役で出ている。吸血鬼に襲われ、乳首がチラリと見える“サービスショット”をこなしているのだ。

 現在は布袋寅泰夫人として、また「PRIDE」など多くのミリオンセラーを持つアーティストの今井美樹(53)も、デビュー当初は女優業をメインとしていた。週刊アサヒ芸能でコラムを連載中の井筒和幸監督作「犬死にせしもの」(86年、大映)が映画初出演となった。

「今はもう女優業すらも卒業したような状態だから、銀幕デビューで全裸を見せたのはとても貴重です」(映画評論家・秋本鉄次氏)

 今井はヤクザの情婦役で、海賊たちに捕まり、裸の写真を撮られる。今井は「脱いだらええんやろ」と覚悟を決め、全裸になってあぐらをかく。

 さらに、尻をまくり上げてしゃがみ、浜辺で放尿するシーンまである。豊満ではないが、透き通った肌が美しい若き裸体だ。そして現在、今井がこの映画について言及する機会は皆無となった‥‥。

 7月に放映50周年を迎える「ウルトラマン」の紅一点で、フジ・アキコ隊員役の桜井浩子(70)にも、まさかのオールヌードがあった。鬼才・実相寺昭雄が撮った「曼陀羅」(71年、ATG)がそれだ。

「同じ特撮ヒロインのひし美ゆり子と比べると豊満ではないが、あの植物的な体が実にエロティック。あのウルトラマンの隊員が、こんな官能的な映画に出たという感慨もありました」(映画ジャーナリスト・大高宏雄氏)

 最後は「マッサン」のヒロインで日本に進出したシャーロット・ケイト・フォックス(30)だ。来日前にアメリカで撮っていた映画「誘惑のジェラシー」(15年)は、朝ドラのヒロインになったことにより日本で発掘された一編である。

 シャーロットはヘアヌードもあらわなシーンを見せたかと思うと、芝生の上で男におおいかぶさり、激しく股間をすり寄せてセックスを迫る積極性を見せた。

 残念ながら芦田愛菜とダブル主演したドラマ「OUR HOUSE」(フジテレビ系)は低視聴率のため打ち切りとなったが、渾身の濡れ場映画なら、もっと支持されたのではないか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
掛布雅之「阪神・大山を大絶賛」の裏で…「Aクラスはないよ」断言していた!